いなざわ整体院

西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
待ち時間なし!完全予約制の整体院です。
来院の際は☎でご予約ください。

住 所
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

【練馬区桜台の整体】バレーボールを続けたい、でも膝が痛い‥【改善させるための考え方】

膝痛で悩む人

趣味でバレーボールをやっています。
でも最近膝が痛くなってしまって、思うように動けなくなってしまいました。
病院に行ったのですが使いすぎだから安静にしてろと言われています。
でも一向に良くなる気配がありません。
どうすれば良いでしょうか?
私はバレーボールを続けられるのでしょうか?

 

膝の状態にもよりますが、バレーボールを続けられる可能性は十分にあります。

そのためにはあなたの抱えている問題を正確に把握して、1つ1つ順番に問題を解決していく。

ただこれだけです。

 

この記事を読むとあなたが膝を痛めた理由、そのために何をする必要があるのかがわかります。

 

この記事では

・あなたがバレーボールで膝を痛めた理由

・あなたには何が必要なのか

をお伝えします。

 

この記事を書いている私は「歩けなくなるほどの膝痛を経験し、自らの治療で克服した経験がある整体師」です。

膝痛を経験した仲間、そしてそれを克服した先輩としてこの記事を書いています。

 

というわけで今回はバレーボールを続けたい、でも膝が痛い‥【改善させるための考え方】についてお伝えします。

 

あなたが膝を痛めた理由

あなたは膝を痛めてしまった理由を正しく把握できているでしょうか?

おそらくなんとなくこれじゃないかな‥と思っていたり、全く心当たりが無かったり、はっきりこれだと確信していたりするかもしれません。

しかしその中に本当の正解はありません。

 

正解はあなたの生活習慣全てだからです。(接触によるケガは別です)

 

でも「あのジャンプが‥」とか「あの着地が‥」と思っているかもしれません。

 

でもその時のあなたはおそらく、いつも繰り返しているのとそれほど大差はないジャンプや着地をしていたはずです。

 

私もフットサルで膝を痛めた時も、いつもと同じ感覚でボールを蹴っているのに膝の違和感があらわれ始めました。

 

その時だけいつもの数倍の力がかかるような蹴り方をしたわけでもないし、ボールの重さが3倍になったわけでもありません

 

いつもと同じ感覚でプレーしていて、おかしくなり始めたのです。

 

プレーはいつもと変わらない、いつもと違ったのは体の状態だったのです。

①と②の人がバレーボールをやっていたとします。①と②を比べて膝や腰を痛めそうなのはどちらですか?

 

②ですよね

 

この②の状態を歪みと言います。

 

いつもと同じプレーをした時、①に近い状態ならケガはしなさそうですが、②に近い状態ならケガをしてもおかしくなさそうですよね。

 

「あのジャンプが‥」とか「あの着地が‥」とかは関係ないんです。

 

もとからあなたの体には歪みがあっていつケガをしてもおかしくない状態だったのです。

 

たまたま痛めたタイミングがその時だっただけで、おそらくその時痛めていなくても、いずれ膝痛は発症していたでしょう。

 

あなたの体は歪ませた原因は何なのか

あなたの体が歪んでしまった原因は「あなた独自の生活習慣の積み重ね」です。

もし仮に生活の動作、姿勢を全て左右対称でバランスよくおこなっているのなら、あなたの体は歪まないでしょう。

しかしほとんどの動作や姿勢は左右バラバラではないでしょうか?

 

左右バラバラの動作や姿勢を何十年も積み重ねてきたら、あなたの体は歪んでしまってもおかしくないですよね。

 

そして体が歪んだ状態でバレーボールのように膝に負担が大きいスポーツをやっていたら、限界を達したときに痛みが出てしまってもおかしくないですよね。

 

あなたと同じような身体機能であったり、同じ量の負荷をかけ続けている人でも膝を痛めない人もいます。

 

それが①のような状態の人なのです。

 

あなたには何が必要なのか

問題は把握できたと思います。

・独自の生活習慣の蓄積で体が歪んでしまった

・その状態で負担が大きいバレーボールをやって膝を痛めてしまった

・いつ痛めてもおかしくない状態だった

 

この後は1つ1つ順番に問題を解決していけば、あなたの膝は改善しバレーボールを再開できる可能性はあります

 

でも順番を無視して、その場しのぎの解決法ばかり手を出していたら、あなたの膝痛は一向に改善しないでしょう。

 

膝痛を改善し、今後もバレーボールを続けるために必要なことは

1.膝を含めた全身の歪みを整えること

2.生活習慣を改善すること

3.トレーニングをして体を強くすること

4.正しい体のケアを習慣づけて、良い状態を維持すること

以上の4つです。

 

順番としては1、2から開始します。

体の状態が整ってきたら3のトレーニングを開始して、4の体のケアの習慣づけも同じくらいの時期から開始します。

 

膝を含めた全身の歪みを整えること

膝だけではなく全身のバランス整える必要がある理由は、体の他の部分に歪みがある状態で生活やバレーボールを続けたら、すぐに膝痛が再発するからです。

①のような状態に近づけ、それを維持できるから、膝の痛みは出なくなるのです。

 

生活習慣を改善すること

独自の生活習慣の蓄積で歪みが入ってしまっているので、生活習慣を改善しなければ、膝痛は必ず再発します。

全ての生活動作、姿勢を左右対称にすることは不可能ですが、意識できる部分を改善していくことによって、膝に入る負担は大幅に軽減します。

 

トレーニングをして体を強くすること

これは筋力を向上させて強い体を作るという意味ではありません。

その目的も多少はありますが、どちらかというと、左右均等に筋肉に整えたいという目的の方が強いです。

クセのある体の使い方=左右で筋力の差がつくというのがあります。

いくら体を整えても、筋力の左右差がある状態で体を使い続ければ、すぐに歪みは戻ってしまうからです。

 

正しい体のケアを習慣づけて、良い状態を維持すること

生活習慣の改善、トレーニングで体を強くしても生活習慣の動作や姿勢を完全に左右対称のみでおこなうことは不可能です。

しかし定期的な正しいケアを習慣づけておこなっていけば、良い状態を維持していくことが出来ます。

 

このように正しいことを正しい順番でおこなっていけば、あなたの膝痛は改善し、バレーボールを再開、継続することも十分可能でしょう。

 

まとめ

あなたが膝を痛めた理由はあなた独自の生活習慣の蓄積で体が歪んでいて、その状態でいつものようにバレーボールをやったからです。

たまたま痛めたときに限界に達しただけであって、おそらく以前から痛めるのリスクを抱えた状態だったのです。

 

そして膝痛を改善し、今後もバレーボールを続けるために必要なことは

1.膝を含めた全身の歪みを整えること

2.生活習慣を改善すること

3.トレーニングをして体を強くすること

4.正しい体のケアを習慣づけて、良い状態を維持すること

ただこれだけです。

 

本気で膝痛を改善し、バレーボールを続けていきたいと願っているなら、このような考え方で治療をしてくれる専門家のところに行っていただければと思います。

 

膝痛に関してわからないこと、聞きたいことがあったら是非LINEに登録してください。

LINEに登録いていただいた方限定で、無料相談を承ります!

@mri9971kと検索してもご登録いただけます。

  • スポーツ
  • 膝の痛み

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

9月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

1,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-6914-7761 03-6914-7761

営業時間 午前10:00〜13:00/午後15:00〜20:00(最終受付19:00)

いなざわ整体院

住所
〒 176‐0002
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
アクセス
西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
代表者
稲澤 寛樹
電話番号
03-6914-7761 03-6914-7761

水曜日は13:00まで 木曜日は定休日 土日祝も20:00まで営業しています!

営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

LINE ID
@mri9971k
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP