ブログ|練馬区桜台【膝痛特化】整体 いなざわ整体院 

いなざわ整体院

西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
待ち時間なし!完全予約制の整体院です。
来院の際は☎でご予約ください。

住 所
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

いなざわ整体院のブログ

変形性膝関節症の治療の選択肢のメリット・デメリット <練馬区桜台の整体>

    • 変形性膝関節症

 こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『変形性膝関節症の治療の選択肢のメリット・デメリット』についてお話します。   あなたにとって最も価値があることは? 今回のテーマについてお伝えするにあたって、あなたにはまず考えていただきたいことがあります。 変形性関節症と診断されたあなたはどのような治療方法が選択肢としてあるか把握していますか? それぞれの治療が、どのくらいお金や時間がかかるのか理解していますか? どのような選択をすれば快適な生活を送れるようになるのか理解していますか?   変形性膝関節症になってしまったあなたは、まずどのような選択肢があるか知る必要があるでしょう。 変形性膝関節症になってしまった多くの人はまずは整形外科に行って変形性関節症であると診断され、整形外科で提案された治療を受けるという流れになるでしょう。 そこで膝の痛みが改善しない人は整形外科で受けられる治療以外のいろいろな方法を探し始め、整体やペインクリニックやマッサージなどほかの選択肢もあるということに気が付き、どこに行けばよいかと考えます。 1つずつ試してみるが、なかなか思ったように改善しないため、どうしたら良いかわからなくなってしまったり、良いものを見つけようとするあまり慎重になりすぎて時間ばかりが過ぎてしまったり、結果が出るまでに時間がかかるという理由で最初からあきらめたりするようになって治療院難民のようになってしまう人もいます。 実際にそのようになってしまう人は多く存在し、正しい治療さえ受ければ改善するはずの人がいつまでも膝の痛みに苦しみ続けるということはよくあります。 最初にあなた自身がどのような治療方法があるかをしっかりと把握する必要があります。 そしてそれぞれの治療法にはメリット・デメリットが必ず存在します。まずはそれをあなた自身が知る必要があります。   あなたにはたくさんの選択肢の中から、あなたにとって最良のものを選択する権利があります。ただし選択するうえで、あなたの価値観とよく相談する必要があります。 シンプルな例を挙げると、根本的に改善させるという選択をするとそれなりのお金と時間が必要になります。治療を全くし無いという選択肢を選べば、お金や時間は一切かかりませんが痛みにずっと悩まされ続けます。 多くの場合はかけた時間や治療費に比例して、状態は良くなる傾向にあるでしょう。1回しか治療しないのと、10回治療をしたのでは、明らかに違う結果が出そうですよね。 だからあなたにとって気になる選択肢があった場合、まずは何に価値があるかを考えるべきです。   あなたにとって最も価値があることは何ですか? 変形性膝関節症の痛みを根本改善させて痛みに悩まない生活を送ることですか? 痛みが強くなったときだけ治療をして、騙しだまし生活し続けることですか? 一切治療せず、痛みを我慢し続けて、無駄なお金と時間をかけないことですか?   あなたにとって最も価値があることがわかれば、その結果を得られる道を進めばよいのです。   それぞれのメリット・デメリット では変形性膝関節症の治療の選択肢のメリット・デメリットについてお伝えします。 ①一切治療をしない ②痛み止めやマッサージなどその場しのぎの方法で誤魔化しながら生活し続ける ③思い切って膝の人工関節の手術をする ④本気で根本改善に取り組む それぞれのメリット・デメリットは以下の通りです。 『①一切治療をしない』のメリットはお金と時間が一切かからない事です。どのような治療を選択しても必ずお金と時間はかかります。 デメリットはそもそも変形性膝関節症の問題は一切解決しません。さらに時間の経過とともに必ず悪化します。人間は必ず老化して体はどんどん弱くなるので、膝の状態はそれに伴って必ず悪化します。場合によっては歩けなくなって介護状態になるかもしれません。   『②痛み止めやマッサージなどその場しのぎの方法で誤魔化しながら生活し続ける』のメリットは痛み止めを使った直後やマッサージをした後は痛みが出ない時間帯も出てくる可能性があることです。一切治療をしない選択に比べると多少は体は楽に感じるでしょう。 デメリットは根本的に問題が解決しているわけではないので、必ず再発します。また老化によって必ず悪化していきます。悪化するほど、痛み止めやマッサージの回数は増えるはずなので老化とともにお金と時間がどんどんかかるようになります。   『③思い切って膝の人工関節の手術をする』のメリットは手術した膝自体の痛みが無くなる可能性があります。         デメリットは膝自体の痛みが変わらなかったり、悪化するリスクも抱えているということです。また根本的に体を改善させているわけではないので体の負担がかかる部分が膝以外の部分に移る可能性があるということです。当然お金と時間(手術後リハビリが必要な場合があるため)はかなりかかります。   『④本気で根本改善に取り組む』のメリットはあなたが抱えている膝の問題が根本改改善します。改善後、上手くケアを続けていけば、その後は痛みや体調不良と無縁の生活を送ることができる可能性があります。根本改善してからは良い状態を維持するための維持費はかなり抑えることができます。         デメリットは根本改善に至るまでにそれなりにお金と時間がかかることです。   いかがでしょうか。それぞれの選択にメリットとデメリットはあります。 あなたの価値観と照らし合わせたとき、どの選択があなたにとって最良の選択になるでしょうか? あなたの価値観にあった最良の選択をしていただければと思います。   まとめ 整体院に来院される患者さんの中には本気で改善させることを考えて来られる方ととりあえず痛いからどうにかしてほしいという考えで来られる方がいます。 それ自体は悪いことではないのですが、価値観や方向性は定めておいたほうが良いと思います。 病院や整体院は何でも屋ではないので、院ごとに提案できること、提案できないことが存在します。 […]

変形性膝関節症の原因とは? <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 変形性膝関節症

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『変形性膝関節症の原因とは?』についてお話します。   変形性膝関節症の原因は何だと思いますか? 今回のテーマについてお伝えするにあたって、あなたにはまず考えていただきたいことがあります。 あなたが変形性膝関節症になってしまった『原因』は何だと思いますか? そして変形性膝関節症になったのはいつからなのか、どこでどうやってなってしまったのかを考えてみてください。   あなたは変形性膝関節症になって、何かしらの悩みを抱えているはずです。 痛みがあることで歩くのが大変だとか、動きはじめに激痛が走りそうで怖いとか、夜寝がえりをうつことができないとか、痛みで目が覚めて朝から憂鬱などなど…。 あなたが抱えている悩みは変形性膝関節症になってしまった『結果』として起こっていることです。 痛み=結果なのです。 あなたは痛みという結果を変えるために、その原因を知りたいと思いませんか? 確実に言えることは、あなたの膝の痛みが出している原因はあなたの生活の中のどこかにあります。 変形性膝関節症は骨折と違って、何かと強い接触などをして瞬間的に発生するものではありません。だから他人が関わっているわけでもないし、事故によって起こっているわけではないのです。 あなた自身の生活内の長年の何かによって、あなたの膝は変形したということです。 あなたなりの答えは出ましたか?   小さい積み重ねによって… あなたはもしかしたらスポーツや仕事が原因であると考えているかもしれません。 人によっては若いころのスポーツで膝を痛めたという経験があって、それが変形性膝関節症につながったという場合もあるでしょう。 しかし、よく考えてみてください。あなたと同じスポーツや仕事を続けている人全員が変形性膝関節症になるでしょうか? 恐らくそんなことは無いですよね。同じスポーツや仕事を続けている人で変形性膝関節症にならないで生活し続けている人は大勢いるはずです。 つまりスポーツや仕事はきっかけになることはあっても原因そのものではないのです。   しかし考え方は悪くはありません。スポーツや仕事は置き換えると『体に負担を入れ続けている行為』であると考えられます。 変形性膝関節症の発生は外力によって瞬間的に起こるものではありません。 イメージとしては軒下から落ちるわずかな雨垂れでも、長い間同じ所に落ち続ければ、ついには硬い石に穴をあけるという意味の『雨垂れ石を穿つ』のような状態に近いのです。 あなたたはおそらく何十年もの間、左右バラバラの動作や姿勢を取り続ける生活をし続けていることでしょう。 左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねは体に歪み作ります。生活でおこなう動作や姿勢はその人の生活によって大きく異なるため、その人独自の体の歪みが何十年もかけて出来上がってくるのです。 その作られた歪みが、あなたの場合は変形性膝関節症になるような歪みであったということです。 つまりあなたが『今まで生活でおこなってきた動作、姿勢の積み重ね』こそが、あなたの膝を変形させて痛みを出し始めた原因なのです。 まさに『雨垂れ石を穿つ』の状態ですね。本来は雨垂れ石を穿つとは、どんなに小さな力でも、根気よく続けていればいつか成果が得られるということのたとえであるので、このようにマイナスの意味で使うのは正しくないかもしれませんが、小さいことでもコツコツ積み重なると大きな力になって返ってくるということにはかわりませんよね。   あなたは膝だけが歪んでいる状態ではありません このように考えると、あなたの膝を改善させようと思ったときに小手先の方法で膝だけ施術しても良くならないような感じは理解できるでしょうか? 膝が変形しているあなたは膝だけ変形しているということはあり得ません。膝のバランスが悪ければ、股関節もバランスが悪くなります。股関節のバランスが悪いと骨盤を歪めます。骨盤が歪めば、背骨も…。おそらく足首、肩、肘、手首、顔面骨やその周囲の筋肉や靭帯なども歪みが入っているでしょう。 それだけ全身が歪んでいるのに、膝だけ歪みを整えたとしても、再び日常生活で体を動かしたら膝の痛みはすぐに戻ってしまうような気がしませんか?   変形性膝関節症になったあなたの選択肢はそれほど多くありません。 痛み止めの注射やヒアルロン酸注射で痛みを誤魔化しながら、生活を続ける。 思い切って手術をする。 本気で根本改善を目指すの。 何を選ぶかはあなた自身が決めればよいのです。 ただ原因は長年の左右バラバラの動作や姿勢で作った体の歪みであることがわかっている以上、当院では根本的にその問題を解決する方法の提案をすることはできます。 本気で根本改善を望んでいる、目指しているならぜひ当院にお越しください。   まとめ あなたの変形性膝関節症は根本的に改善できる可能性は残されています。 本気で改善したいと望んでいるなら、まだ諦めないでください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!       ↓↓↓↓↓↓ もっと詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください!

変形性膝関節症は治るのか? <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 変形性膝関節症
    • 根本改善

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『変形性膝関節症は治るのか?』についてお話します。   あなたにとっての『治った』の基準は? 今回のテーマについてお伝えするにあたって、あなたにはまず考えていただきたいことがあります。 それはあなたにとって『治った』というのがどういう状態を指すかです。 変形性膝関節症の悩みは大きく分けて2つあります。膝の痛みに起因するものと見た目に起因するものです。 痛みがあることで歩けなくなったり、突然強い痛みが出たり、階段昇降が困難になったりと様々な問題があらわれます。また変形性膝関節症は進行するとO脚のような状態が強くなり、見た目の問題も出てきます。 痛みに起因する問題が解決すれば治ったと言えるのなら、治すことは十分可能であるといえます。しかし見た目の問題の解決も含めて治ったということになれば、そこには個人差の問題が出てきます。 生まれつきO脚に近い骨格の人を完全に真っすぐな足の状態に持っていくのは美容整形が必要なレベルの問題になるため、整体の範疇を超えていると言わざる得ないからです。 痛みに起因する問題の解決が治った基準であるなら、あなたの変形性膝関節症は治る可能性があると言えます。   『痛み』と『見た目』の年季の違い 全てに痛みには原因があります。変形性膝関節症も例外ではありません。 あなたは変形性膝関節症になる何年、何十年も前から、変形性膝関節症になるような体の歪みを入れ続けています。 ただし膝が変形してきても痛みをすぐに感じるわけではありません。痛みは感覚なので、ある一定のラインを超えるまでは感じないのですが、一定のラインを超えると痛みを感じ始めます。 つまりあなたの膝の痛みは変形性膝関節症になるような体の使い方を何十年も続けて、限界に達して痛みが出始めたのです。 つまり痛みが出ない状態までもっていくには、少なくとも痛みが出始める以前の状態までもっていけば良いということになります。 ただそれではすぐに再発してしまう可能性が高いので、すぐに痛みが出ない状態まで歪みを整えて安定させる必要はあります。 痛みだけを取り除くなら、痛みが出始める3~4年くらい前の膝の状態まで歪みを整えて、その状態を維持できるようにすれば良いということです。 しかしもしO脚を完全に治すということが目標になると、30~40年分の膝の歪みを整えて、さらにその状態を維持させる必要が出てくるのです。 3~4年前の膝の状態にするのと、30~40年前の膝の状態にするのでは、当然時間や施術回数は大幅に変わってきます。 3~4年前の膝の状態にして、それを維持するのは十分に可能ですが、30~40年前の膝の状態にするのは実現は可能だったとしても時間と施術回数を考えると現実的ではないように思います。   変形性膝関節症を治すためには あなたの体は膝だけが歪んでいるわけではありません。変形性膝関節症があるような状態ならあなたの骨盤や背骨、肩、肘、手首、足首も歪んでいるはずです。なぜなら全身は連動して動いているからです。 つまりあなたの膝の痛みの原因は全身の体の歪みであると言えるのです。 つまり改善のためには全身の歪みを整えること、生活で歪みが入りにくい生活をしていただくことが必要になります。 毎日歪みは入り続けるので、あなたの膝は毎日悪化し続けていると言えます。1秒でも早く、解決のために行動することをおススメします。 膝を構成する要素に歪みが入っていることで、膝の噛み合わせが悪くなったり、負担が入り続ける部分ができることで痛みはあらわれます。 膝を構成する要素は筋肉、骨、半月板、靭帯、血管などであり、それらが正しい位置からズレているため膝の噛み合わせの不具合や負担が入り続ける部分ができるのです。 膝を構成する要素が正しい位置に収まってくるほど膝への負担は軽減して痛みも軽減してくるのです。 そして構成要素を正しい位置に収めることは整体でできることであり、痛みの問題を解決することは十分に可能であると言えるのです。   家での自己ケアで変形性膝関節症の痛みをどうにかしたいと思っている人もいると思いますが、自己ケアで膝周囲のストレッチなどをすることで、膝の負担を軽減させることはできるのですが、構成要素のズレを正しい位置に戻すことは難しく、年季が入った膝の痛みを完全に取り除くことは難しいと言わざるを得ません。 本気で変形性膝関節症の痛みでお悩みなら一度膝をみることができる整体院に受診することをおススメします。   まとめ あなたの変形性膝関節症は改善する可能性は十分にあります。 ただあなたの膝の変形はかなり年季が入ったものであり、改善までにそれなりの時間はかかるでしょう。 それでも本気で根本改善したいと考えているなら、ぜひ一度ご相談下さい。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!       ↓↓↓↓↓↓ もっと詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください!

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

8月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

1,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-6914-7761 03-6914-7761

営業時間 午前10:00〜13:00/午後15:00〜20:00(最終受付19:00)

いなざわ整体院

住所
〒 176‐0002
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
アクセス
西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
代表者
稲澤 寛樹
電話番号
03-6914-7761 03-6914-7761

水曜日は13:00まで 木曜日は定休日 土日祝も20:00まで営業しています!

営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

LINE ID
@mri9971k
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP