ブログ|練馬区桜台【膝痛特化】整体 いなざわ整体院 

いなざわ整体院

西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
待ち時間なし!完全予約制の整体院です。
来院の際は☎でご予約ください。

住 所
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

いなざわ整体院のブログ

体に負担を入れない日常生活の送り方 <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 生活習慣
    • 自己ケア

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『体に負担を入れない日常生活の送り方』についてお話します。   体に負担が入るから痛みがあらわれる 体に痛みが出る原因は体の歪みにあります。 体が歪むと負担が入り続ける部分ができたり、体がリラックスできなくなり自然治癒力が働きにくくなるのです。 体の歪みは毎日の左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねによるものです。つまり普通に何も意識しないで生活していると毎日歪みを入れ続けてしまうということです。   そう考えると体の痛みや不調を改善させる方法はシンプルです。 体の歪みを整えて、整った状態を維持することで体の痛みや不調は改善するのです。 体の歪みを自己ケアなどで改善するのは限界があるので、歪み自体は専門家に施術してもらうことをおススメします。   あなたも経験があるかもしれませんが、治療院などで施術を受けて、その場では症状が消えて良くなったと思っても時間の経過とともに再発した事はないでしょうか? もし歪みを整えてもらって、そのようなことが起こっているなら、あなたの体には再び歪みが入って、症状が再発したと言えるのです。 施術の考え方は院によって違いますが、症状が再発したということは、治療前と同じ体の状態に戻ったと言えるのです。 治療において大きな問題の一つが良い状態の維持が難しいということなのです。   体に負担を入れないように生活するための3つの方法 先ほどもお伝えした通り、当院は歪みが痛みなどの原因であると考えています。 歪みを整えて、整った状態の維持ができれば痛みの問題は解決するのです。 しかし普通は毎日の生活で左右バラバラの動作や姿勢をするので再び歪んでしまい、元に戻ってしまうのです。 逆の言い方をすれば、左右バラバラの動作や姿勢で入る負担を減らすことができれば、歪みは戻りにくくなり、症状は再発しにくくなるのです。   では左右バラバラの動作や姿勢で入る負担をどのように減らせばよいのでしょうか。 方法は3つあります。 左右バラバラの動作や姿勢を減らす 負担を入れるタイミングでサポーターなどを使って体を守る トレーニングをおこなって体自体を強くする 1つ目の『左右バラバラの動作や姿勢を減らす』ですがこれはそのままの意味です。左右バラバラの動作や姿勢を減らせば、その分負担は少なくなります。ただし生活の中には無意識のうちに左右バラバラの動作や姿勢をしていることも多く、全ての動作や姿勢を気を付けることは実際には不可能です。それでも気を付けられる動作や姿勢があればその分体への負担は減るでしょう。   2つ目の『負担を入れるタイミングでサポーターなどを使って体を守る』なんですが、これが最も早く効率的に体を守る方法になります。左右バラバラの動作や姿勢を完全に行わないで生活することは不可能です。そう考えたときに物理的に負担が入らないようにする方法がサポーターなどを使って体の負担を減らすことです。腰のコルセットや膝のサポーターなどは体に痛みがあるときに使うイメージがある人も多いかもしれませんが、動作時などに体の歪みを抑える効果や筋肉の補助の役割があるため、動作や姿勢で体に負担を与えるときに着用していただくと、体への負担を減らす効果があります。身に付けるだけでよいので、最も手っ取り早く体の負担を減らすことが可能です。   3つ目は『トレーニングをおこなって体自体を強くする』なんですが、単純に体が強ければ同じ動作や姿勢をしても歪みにくくなります。ただ強くなるまでにそれなりの時間と労力は必要であり、正しい方法でトレーニングができないと逆に歪みを作ってしまう可能性はあります。長期的にみれば必ず実施した方が良いのですが、正しいやり方と長期間継続する根気が必要です。 体への負担が少なくなればあなたの体が痛くなる可能性は高くなります。 サポーターを着用するのは最も手っ取り早く、効果が高い方法になります。着用の煩わしさもあると思いますが、痛みが出やすくなるのとどちらが良いでしょうか? 一度考えてみてくださいね。   まとめ 今回お伝えした3つの方法は痛みを取るための方法ではなく、あくまでも生活での体への負担を入れないようにする方法です。 痛みが強い場合は先に痛みの問題を解決する必要があります。 痛みを改善してから予防の意味合いを込めて、今回お伝えした方法を実施していただくと良い状態を保ちやすくなります。 痛みがある人はまず体の痛みの改善を先に実施してくださいね。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

「自覚症状消失=治った」ではない事実 <練馬区桜台の整体>

    • その他
    • 生活習慣
    • 痛み

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『「自覚症状消失=治った」ではない事実』についてお話します。   症状にこだわる人たち 腰痛や膝痛で悩まされ続けている人が治療院に行く目的はほとんどが痛みなどの「自覚している症状の消失」でしょう。 これは当たり前の話です。症状が辛いから治療院に行って、その症状をどうにかしてほしいと思うのはとても普通のことです。 逆の言い方をすれば自覚症状が無かったり、気にならなければ治療院に行くという発想自体が無くなるかもしれません。 しかし自覚症状が無ければあなたの体は健康な状態なのでしょうか? この絵を見てください。 左のコップは水があふれています。真ん中のコップはある程度水が入っていて、右のコップはほとんど空です。 症状があらわれる、あらわれないはこのコップの水で表すことができます。 左のコップの水があふれている状態は『症状が出ている状態』です。 コップの水があふれていない真ん中と右は『症状が出ていない状態』です。 つまり水があふれていなければ症状は出ないのです。 ではコップの淵のギリギリまで水が溜まっている状態はどうでしょうか?あふれていなければ症状自体は自覚していませんが、すぐに症状が出てもおかしくない状態であることはわかりますよね? 痛み自体は無いかもしれませんが、健康な状態であるとは言えないですよね。 虫歯でいえばある程度進行しているけど、痛み自体は感じていない状態と言えるでしょう。 自覚症状が無い病気なんかもありますよね。自覚症状が無く、発症したら半身不随になったり、死に至ってしまう病気というのは実際に存在します。 これらは症状自体はあるのです。ただ自覚が無いだけなのです。 コップの水があふれる寸前の状態はこれにとても似ています。緩やかに痛みが出始めるなら良いのですが、一気に強い痛みが発生するパターンもあるのです。 有名なところではギックリ腰がまさにそのパターンです。 くしゃみでギックリ腰になったみたいな話は聞いたことがあると思います。しかし考えてみてください。くしゃみでギックリ腰になるのは普通のことではないのです。 確かにくしゃみが体に与える負担はそれなりに大きいですが、ほとんどの場合ギックリ腰にはならないはずです。 しかしコップの水が淵ギリギリまで溜まっている状態だったらどうでしょうか。ちょっとの衝撃でも水があふれだしてもおかしくないような気がしませんか? 壊れやすい体の状態で、少し強い負担が加わることで腰に激痛が走る、これがギックリ腰の正体なのです。   無自覚な症状が危険な場合もある 無自覚な状態であってもギックリ腰寸前の状態であれば健康とは言えないですよね。 恐らく腰の状態を含め全身はかなり悪いはずです。 つまり痛くないから治ったというのは必ずしも成立しないということです。 もしあなたが本気で体を健康な状態にしたい、治したいと考えているなら、痛みを追いかけるだけの院を選ばない方が良いということです。 なぜなら、コップの淵まで水を減らすことができて痛み自体がその場で無くなれば、体が悪い状態であったとしても改善したとみなされるからです。 あなたはこんな経験をしたことはありませんか? 施術を受けた直後は痛みも引いてすごくよくなったと感じたのに、数時間後もしくは1~2日後に元の状態に戻ってしまってがっかりしたという経験です。 これはコップの淵まで水を減らして時点で治療を終了するから、このようなことが起こるのです。 しかしこのような説明を病院や治療院はあまりしてくれないため、どこに行っても良くならず、ずっと同じ症状で悩み続ける人が出てしまうのです。 本当の意味で体を治したいなら症状が無くなってからが本当の勝負になります。コップの水を大量に残しておくのか、それともほとんど無い状態までもっていくのか。 ほとんど無い状態までもっていくことができれば、あなたは痛みの悩みだけでなく、本当の意味での健康であることの恩恵を受けることができるようになるでしょう。 ここまでくると若返ったのではと思えるような感覚になる人も多くいらっしゃいます。   まとめ 症状をどうにかしたい気持ち、症状が無ければ問題ないと思う気持ちは理解できますが、自覚していない症状がもしかしたらあなたの身を危険な状態にしてしまう可能性があることを理解しておく必要があります。 痛み自体は無かったとしても、睡眠の質が悪いとか疲れが取れにくいとか頭がうまく働かないなど、体の何かしらの不調は出ている可能性はあります。 あなたの体を守る決断を下せるのはあなた自身です。 ぜひ一度考えてみてください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

体の痛みを治すことは難しいことじゃない <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 生活習慣
    • 痛み

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『体を治すことは難しいことじゃない』についてお話します。   痛みには必ず原因があります あなたはもしかしたら今まで様々な病院や治療院に通い続けたにもかかわらず膝や腰の痛みが改善しないで悩み続けているかもしれません。 そういう経験が続くと、『私の膝や腰はもう一生治らないんじゃないか』と思い、この現実から逃げたくなってしまうかもしれません。 しかし痛みには必ず原因があります。原因があるということは正しい方法で原因を取り除くことができれば痛みは改善する可能性があるということです。 理論上は痛みの原因を取り除いて、回復しやすい状態を作り、その状態を維持できれば、痛みは改善の方向に向かうのです。 ただ今まで通っていた院では原因がわからなかったり、回復しやすい状態が作れなかったり、作れても維持が出来なかったりしたため、あなたの痛みは改善しなかったのです。 あなたは過去にこのような経験があるかもしれません。 治療院に行って、その場では痛みが軽減して、何日か調子が良い状態が続いた。しかし何日か経ってから徐々に痛みが戻ってきてしまい、最終的には最初の状態に戻ってしまったという経験です。 この院では痛み自体は変化させることができています。一時的には回復しやすい状態になっているのです。 しかし回復しやすい状態を維持する方法が無かったり、提案出来なかったりしただけなのです。 つまり痛みを軽減したり、回復しやすい状態を作ることまではできていたのです。 逆の言い方をすれば、回復しやすい状態を維持できる院を見つけることができれば、あなたを苦しめ続ける膝や腰の痛みから解放させられる可能性があるということです。   歪みを整えて、維持できれば‥ ここで当院の考えをお伝えします。 痛みの原因は『歪み』です。歪みがあると体に負担が入る部分ができて、そこに負担がかかり続けて痛みがあらわれます。 体が『歪む』理由は毎日の左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねによるものです。 本来人間は自然治癒力が備わっています。寝ることで回復するホルモンが働き、疲労や痛みは回復するのです。ただ体が歪むとその働きが著しく低下します。 つまり毎日の生活の動作や姿勢で『歪み』が作られ、負担が入る部分ができて、それが膝や腰なら、膝や腰に痛みがあらわれるのです。『歪み』のせいで自然治癒力も低下し十分な回復ができず、痛みは体に定着して慢性化するのです。 『歪みを整えて、整った状態を維持』できれば、負担が入る部分が無くなり、自然治癒力が働きやすい状態になるので体は勝手に回復していきます。 これが実行できればあなたの体の痛みは改善するということです。   考え方としてはそんなに難しくない話だと思います。『歪みを整えて、整った状態を維持する』これが実行できれば良いわけです。 言葉にすると簡単に見えるのですが『言うが易し 行うが難し』の部分があります。 では『行うが難し』の部分はどこになるのでしょうか。先ほど例にも挙げましたが『整った状態を維持する』という部分です。   整った状態を維持するためには‥ なぜ整った状態を維持することが難しいのでしょうか。 体が『歪む』理由は毎日の左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねということをお伝えしました。 つまり整った状態を維持するのは患者さん自身であること、普通に生活していると毎日確実に歪みを蓄積させてしまうことが挙げられます。 あなたは常に左右対称の動作や姿勢をし続けることができますか? 恐らくできないと思います。人間は普通に生活をしていたら絶対に『歪み』を入れてしまうのです。 そう考えると、痛みを改善させることは困難に感じますが『歪み』を入れにくくする方法やある程度『歪み』を整えるケアなどは存在します。 一つだけ例を挙げるとすると、体に負担がかかる動作や姿勢をするときにサポーターを付けると筋肉や関節の補助の役割を果たし、歪みが入りにくくなります。 『歪み』を入れにくくする方法を生活に取り入れることで、整った状態の維持は可能になるのです。 当院で『歪み』が入りにくくなる自宅ケアの方法や生活で気を付けることについての提案をさせていただきます。 それが実行できると、あなたが長年悩まされている膝や腰の痛みを改善させられる可能性が格段に高まるのです。   まとめ 歪みが整った状態を維持できれば、あなたの膝や腰は改善させられます。 歪みがあなたの生活習慣で入ってしまう以上、整った状態の維持はあなた自身がどれだけ生活を変えられるかにかかっています。 『維持する』のは大変そうに感じるかもしれませんが、患者さんの生活の負担になりにくい提案を多く用意しています。 実際に高いレベルで実行している方は、目に見えて良い状態になっていきますし、その状態をしっかりと維持できています。 最初は生活の中で変えなくてはいけない部分もあるため、少し大変に感じますが、理解して慣れてくれば、その生活の方が生きる上でかなり快適であると気付くことができ、問題なく実行できるようになります。 本当に痛みから解放されたくて、生活を変える意思がある人は、ぜひ当院にお越しください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

あなたにとっての『優先順位』は? <練馬区桜台の整体>

    • 生活習慣
    • 痛み

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『あなたにとっての『優先順位』は?』についてお話します。   ついつい後回しにしてしまうけど… あなたにも生活する上での優先順位があると思います。膝や腰に痛みを抱えているあなたは、その痛みの改善のための優先順位は何位くらいになるでしょうか? 痛みはあるけど社会生活は送れているから、騙しだまし過ごしているという人はよくいます。しかしある時に限界に達して、痛みをどうにかしなきゃと思い整形外科や治療院に通い始めます。 限界に達するほどの痛みだから、そう簡単に改善するはずもなく、すぐに痛みを取ってくれる院を探し回ったり、仕方がないので痛み止めを服用して誤魔化しながら生活を続けるという人もいることでしょう。 痛みのせいで仕事の質は低下して、些細なことでもミスするようになってしまったり、痛みのせいでせっかくの休みも家でおとなしくしているしかなく、何のために生きているのかわからなくなってしまっている人もいます。 この人にとって、今最も優先順位が高いことは何でしょうか? このままの体の状態で痛みに耐えながら生活を続けることでしょうか? その場しのぎの薬や治療を続けて騙しだまし生活し続けることでしょうか? 根本改善が可能な施術を受けて痛みを改善させて快適な生活を取り戻すことでしょうか?   客観的に見れば3番目の『根本改善が可能な施術を受けて痛みを改善させて快適な生活を取り戻すこと』でしょう。普通に考えればそうするべきです。 しかし多くの人は生活が破綻するほどの状態じゃない限り、目の前の生活を優先する傾向にあります。 後回しにすることで、取り返しがつかなくなったり、早く対処していればそんなに時間が過からずに問題を解決できる場合でも、緊急性が無ければついつい先延ばしにしてしまいます。 それでも問題を解決して今まで通りの生活に戻ることができれば、まだ良いでしょう。しかし少し決断を遅らせたことで取り返しのつかない状態になってしまうということはよくあることです。   あなたの周りの人を巻き込んでしまうんじゃないですか? ここで少し考えてみてください。 あなたが体を悪くした場合、まずあなた自身は確実に困りますよね。 普通にできていたことができなくなる、できたとしても質や精度がかなり低下する、無理をしないとできなくなる、気持ちもどんどん落ち込んでいく。 このような生活をあなたは望んでいないと思いますし、できれば快適に気持ちよく生活したいと考えているはずです。 ただそのことであなたが困るだけなら、あなた自身が我慢すればよいだけです。 しかし困るのは果たしてあなただけでしょうか? あなたの家族や友人、会社の同僚などは巻き込まれないでしょうか? 家族は心配しますし、もしかしたらあなた自身が生活での手助けを求める必要があるかもしれません。友人と会った場合も不要な気遣いをさせるかもしれません。痛みで急に休まなければならなくなって仕事で穴をあけたら、そのしわ寄せが会社の同僚に来てしまうかもしれません。 あなたの体の痛みはあなた自身も問題であると同時に、多くの人の問題に発展する可能性が十分にあるのです。 生活で支障が出るほどの痛みを抱えている人がその問題を先送りにしているのは、あまりにも無責任な感じがしませんか? あなたがご自分の体を守ることは、あなた自身だけでなく、あなたの周りの人の生活も守ることであることを知っておいてください。   まとめ 今は我慢できる痛みでも、放っておいたら確実に取り返しがつかないことになります。 あなたが我慢すればよいだけなら、それも選択肢の一つでしょう。しかしあなたの代わりはいないのです。あなたが動けなくなれば、多くの人を確実に巻き込みます。 今のあなたには何が必要なのか、ぜひ一度考えてみてください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

痛みの改善のためには、まずは休ませること <練馬区桜台の整体>

    • 生活習慣
    • 痛み

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は『痛みの改善のためには、まずは休ませること』についてお話します。   痛みを改善させる生活に切り替えられない… 体に痛みが出ていることで病院や整体院に通っている方の中には、痛みを改善させるための生活に上手く切り替えられる人と切り替えられない人がいます。 切り替えられない場合はその人の社会的な立場などが絡んだり、その人自身が改善のために生活を切り替えることの重要性を理解、認識していなかったり、早く改善させたい一心でその場しのぎの方法を繰り返してしまったりと様々な理由があります。 誰にでも生活はあって、変えられる部分と変えられない部分があることは事実です。 だからと言って、本気で痛みを改善したいなら痛みを改善できるための生活に少しでも多くシフトした方が良いことも事実です。   改善のためには回復しやすい状態を作って、その状態を維持して、とにかく体が休ませることが最も手っ取り早い方法になります。 野生動物がケガなどをしたときに動き回らずにひたすら休んで改善するのを待つのは、それがケガを治すのに最も効率が良く、合理的だからです。 しかし人間には社会生活があり、体に痛みがあっても簡単に休むことが許されないことがよくあります。 またテレビなどの知識から、筋力低下が痛みを引き起こす原因といわれていたりするので、筋力をつけないと痛みが取れないと思い込んでいたり、休む期間があると筋力低下を起こして、今後の生活に支障が出るという思いから、休ませることが必要なのに筋力を鍛えようとたくさん動いてしまう人もいます。 筋力も重要であることも事実ではありますが、どのくらいの活動量が適切かをご自身で見極めることが出来ない人も多く、結局オーバーワークになって、いつまでも痛みが改善しないということになります。     すごく当たり前の話ですが、痛みがある部分に負担をかけ続けていたら、その痛みはいつまでも改善しません。 適度に休ませることは重要です。 なぜなら人間には自然治癒力が備わっているので、基本的には自分の治癒力で体は回復していきます。夜寝たときに回復するホルモンが働いて、体は回復するのです。だけど回復する以上に負担をかけ続けていれば痛みは改善しないというわけです。 回復のメカニズムがわかっている以上、そのメカニズムに則って最大限効果が発揮できる状況を作ることが最も改善が早いに決まっています。 社会生活が理由で最大限の効果を発揮できる状況が出来なくても、80点の状況、60点の状況など生活に合わせた上で最も効果を発揮できる状況を作ることは可能です。 ただそのためには適切な方法を実行する必要があるし、間違った方法をやらないようにする必要があります。 そのためには何が最も重要で優先されるべきかを理解しておく必要があります。 長い目で見れば健康維持のために筋トレも確かに重要ですが、あくまでも『今目の前の大きな問題である痛みを改善させるため』に最も重要なのは『回復しやすい状況を作って休ませること』です。 このように正しい方向性が見えていれば、何が優先されて、今やるべきことが何かがわかるはずです。 正しい道から外れるほど、あなたの体の痛みは改善しにくくなります。 そのことを一度考えてみてください。   まとめ 痛みの改善のためにあれもやらなきゃ、これもやらなきゃという気持ちはすごく理解できます。社会生活がある以上、あれもこれも全てはできません。 今のあなたには何が必要なのか、ぜひ一度考えてみてください。 わからない場合は専門家にアドバイスを聞くことをおススメします。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

歯の噛み合わせと体の痛みについて <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 生活習慣

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は歯の噛み合わせと体の痛みについてお話します。   歯の噛み合わせ、気にしていますか? あなたは歯の噛み合わせはいかがですか? もしあなたが整形外科や治療院で原因不明と言われた不調や痛みで悩んでいるなら、歯の噛み合わせが原因になっているかもしれません。 ①~⑤を見比べたときに、体に痛みが出そうなのは①というよりは②~⑤ですよね。 ②~⑤は腰が痛そうだったり、肩が痛そうだったり、膝が痛そうだったりします。 簡単に言うと体は全身でバランスを取っているので、どこかに強い歪みが入っていれば全身が歪んでしまいます。 歪みがあるということは体に負担が入るところができるということであり、負担が入る部分に痛みがあらわれるということです。 つまり体の歪みを整えると、膝や腰に負担が入らなくなるので膝や腰の痛みは軽減、消失するのです。 理論上は歪みが整っている状態を維持できれば、痛みが出にくくなり体調不良にもなりにくくなります。   しかし整体で体を整えて、整った状態を維持できるように生活で気を付けても、歪みがすぐに入ってしまう場合があります。 それは歯の噛み合わせが悪い場合です。 なぜ歯の噛み合わせが悪いと体に歪みが入ってしまうのでしょうか? それは歯の噛み合わせの悪さがまず顎(あご)を歪ませます。歪んだ顎は首の骨の歪みも作ります。 首の骨が歪むと背骨、骨盤、手足と全身を歪ませていってしまい、痛みがあった部分に再び負担が入るような骨格になってしまうのです。   噛み合わせを整えることの重要性 体の歪みを整えるうえで歯の噛み合わせがすごく悪い人は必ず歯の噛み合わせの治療もおこなっていく必要があります。 では整体と歯の治療はどういう順番でおこなうのが良いのでしょうか? 基本的には整体である程度体の状態を整えたうえで噛み合わせの治療をしていくことが好ましいと考えます。 理由は体がすごく歪んでいる状態だと顎(あご)も歪んだ状態であり、歪んだ顎の状態で噛み合わせを整えると、歪んだ顎ありきの噛み合わせになるからです。 すると整体で歪みを整えて顎が正しい状態になった時に噛み合わせが悪くなってしまう可能性があります。 また歪んだ状態のまま顎が噛み合ってしまっているので、歪みをより強調してしまう可能性もあるのです。 実際に整体で体を整えていくと、体が歪んだ状態でおこなった歯の詰め物が取れたりするケースがあります。それは歪んだ体の状態に合わせた詰め物をしていた結果外れてしまうのです。 つまり歪みを整えつつ、噛み合わせの治療も同時におこなっていくことが最も好ましいと考えます。   まとめ 歯の噛み合わせは顎関節症など顎に痛みなどがない限り、あまり気にしない場合も多いでしょう。しかし顎の噛み合わせ一つで骨盤や踵(かかと)が歪んでしまい、膝や腰が痛くなってしまうことはよくあることです。 もしかしたらあなたの膝痛や腰痛も歯の噛み合わせを改善することで、劇的に改善する可能性もあるかもしれません。 ぜひ一度考えてみてください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

あなたの膝痛や腰痛が再発する理由 <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 生活習慣
    • 痛み

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回はあなたの膝痛や腰痛が再発する理由についてお話します。   あなたは思い込んでいませんか? あなたは病院などで膝痛や腰痛に対して『加齢だから仕方がない』と言われた経験があるかもしれません。痛みの原因を加齢のせいにされるという話を聞いたことはあるでしょう。 それと同じように、膝痛や腰痛は騙しだまし一生付き合っていくしかないという誤った認識を持っている人も多いのではないでしょうか。 しかし両方とも正しくありません。膝痛や腰痛の原因は加齢ではないし、騙しだまし一生付き合わなくても、正しい手順で治療して正しいケアができれば痛み無く過ごすことも可能です。 ただ誤った認識の経験をたくさんすることで、その人の中ではそれが当たり前のものとして定着してしまうのです。 病院で加齢だから仕方がないということを言われ続けたら、それを信じてしまうでしょうし、どこの院に行っても数日後に必ず再発していたら騙しだまし付き合っていくしかないと思い込むでしょう。 先ほどもお伝えした通り、加齢は関係ありませんし、再発も予防が可能です。 ではなぜ再発してしまうのか、考えてみましょう。   あなたの痛みの原因は… あなたの膝痛や腰痛が再発するのはあなたの体が歪んでいるからです。 ①と④の人を比べたとき、膝に痛みがありそうなのはどちらでしょうか? ④ですよね。 ②~⑤のような状態だと肩や腰や膝など様々な部分に痛みがありそうですよね。 ②~⑤のような状態を歪みといいます。 ④のような状態で例えば膝だけに施術をおこなったとします。しかし他の部分の体の歪みも改善しなかったら、すぐに膝に負担が入って、膝の痛みが再発しそうな気がしませんか? 実際その通りで②~⑤のような状態だと、痛みがある部分だけ施術したとしても、すぐに痛みがある部分に負担が入って再発してしまいます。   では歪みが入る理由はなんでしょうか? それは毎日の生活習慣によるものです。 人間は24時間のほとんどが左右バラバラの動作や姿勢で過ごしています。左右バラバラの動作や姿勢によって体は歪んでしまうのです。 つまり毎日何十年も歪みを入れ続けているということです。 あなたは体の痛みを作る原因である歪みを毎日入れ続けているのです。 痛みの原因は歪みで、その歪みは必ず毎日入ってしまう。だから痛みは再発してしまうのです。   再発を防ぐためには… 痛みは感覚なので1回でたまたま消えてしまう場合もあるでしょう。しかし歪みは1回で全て解決するでしょうか? 何十年分の歪みをわずか1回の施術でリセットするのはさすがに無理ですよね。 だから痛みが変化しても、歪みは必ず残ってしまうのです。歪みは骨格だけでなく、動きの左右差としてもあらわれます。 毎日クセのある体の使い方をしていたら、体はそのクセを憶えてしまいます。脳が学習して記憶してしまうのです。すると動かしやすい方向と動かしにくい方向が出来上がってしまいます。 あなた自身も肩や首や体を回したときに、回しやすい方と回しにくい方があるはずです。 その動きの左右差のクセが入った状態で無意識に体を動かすことによって、すぐにあなたの体は歪んでしまうのです。 つまり再発させないためには骨格の歪みを整えるのは当たり前ですが、動きの左右差を含めて脳の歪みの記憶も書き換える必要があるのです。 体を整えて痛みだけ消えたとしても、脳の記憶も含めた体のクセが残っていれば、あなたの体はすぐに歪んでしまい、痛みは再発してしまいます。 そう考えたら、再発を防ぐためにはこの問題も解決するだけの施術をおこなう必要があるということです。 逆の言い方をすれば、そこまで徹底して施術をおこなえば再発の可能性を大分減らすことができ、騙しだましの生活から解放される可能性があるということでもあります。   まとめ 体の状態を改善させるためには、治療に対する考え方はすごく大事になります。 痛みを作っている原因があなた自身である以上、あなた自身が気を付けたり、変えなければいけない部分というのは必ずあって、それが医療従事者の助言通りにできる人が体を改善させられます。 そんなに深刻な体の状態じゃないのに、再発を繰り返す人は、全く生活習慣を変えていなかったり、勝手な解釈で間違ったことを繰り返していることが多いのです。 ぜひ一度考えてみてください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

痛みに執着する人は治らない? <練馬区桜台の整体>

    • 生活習慣
    • 痛み

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は痛みに執着する人は治らない?についてお話します。   痛みは辛い‥それもわかります 痛みは辛いものです。 だから病院や治療院に行って、すぐに痛みをどうにかしてほしいと思う心理はとても理解できます。 だけどあなたは経験しているはずです。その場しのぎで、痛みが軽減しても、時間がたてば再発してしまうという経験を。   あなたには選択肢があります。 その場しのぎで痛みを軽減して、再発を繰り返しながら、騙しだまし生活していくか、 本気で根本的な改善に取り組むか、 一切治療せずどんどん悪化させていくか‥。 ただそれを決めるのはあなた自身です。 どんなにレベルが高い医療従事者でも治す気持ちが無い患者さんを治すことはできません。 治したいという気持ちがある人がレベルが高い医療従事者のところに行って、初めてあなたの体は改善の方向に進むのです。   正確な判断ができないと‥ ただ痛みが強いと正確な判断ができなくなってしまうことがあります。 当院は膝や腰の痛みの原因は歪みにあると考えています。 歪みは毎日の左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねで作られるます。歪みがあるということは体に負担がかかる部分ができるということです。 負担がかかる部分が腰や膝であると、そこに疲労や負担が蓄積していって、やがて限界を超えて痛みがあらわれるのです。 だから多くの場合、普段はできていた事の延長線上の動作や姿勢で痛みが出たりするのです。 普段できていることで痛みがあらわれるのはおかしいことですよね。 だけど気が付かないうちに疲労や負担が蓄積していって、まるで満杯のコップに水が注がれてあふれてしまうように、限界を超えてしまうと痛みがあらわれるのです。 極端なことを言えば、40歳の人は40年分の歪みが入っていることで痛みがあらわれているのです。 そのような状態の人が1回の施術で全ての問題が解決するなんて考えにくいですよね。 たまたま1回で痛みが大分軽減して、しばらく大丈夫な場合もあるでしょうが、大元の原因である歪みは絶対に残っています。   当院ではこのように歪みが原因であり、改善の基準は歪みが整っているかどうかという説明をします。 痛みがなるべく早く軽減できるように、歪みを整える施術をしていきます1回目の施術で大分痛みが軽減する人もいれば、人によっては痛みの消失まである程度時間がかかる場合もあります。 ここで私の説明を十分に理解してくれて、段階を踏んでいけば必ず改善してくると感じていただいている人は、痛みに執着することがないので、順調に改善していきます。 しかし痛みに執着する人は、歪みが原因であることも理解しており、明確に改善してきて痛みも軽減してるにもかかわらず、痛みが残っていることに執着して、勝手にこちらの指示以外のことをやり始めて体を悪くしてしまうケースがあるのです。 歪みが原因だから歪みを整える施術をして、歪みが極力入らなくなるための生活の仕方を提案するのですが、その中の一つに、『別の施術を受けない』というのがあります。 理由は歪みを基準にしない施術を受けると、場合によって歪みを作ってしまうからです。 わかりやすいのがマッサージです。マッサージは受けるとその場では血行が良くなるので一時的に痛みは軽減します。しかし硬くなっている筋肉を緩めるような刺激しか入れないため、体の歪みを無視した施術になります。 一時的には痛みは減るけど、結局悪い体の状態に戻ってしまうのです。 しかし痛みに執着する人は、取り合ずその場の痛みをどうにかしたいという感情を優先してしまい、マッサージを受けて体を歪ませて、結果改善しないループにはまったりするのです。   乗り越えるべき壁 痛みに執着する人は頭ではマッサージが根本改善を遅らせると理解していても、痛みをどうにかしたい一心で間違った行動をとってしまいがちです。 しかしあなたの歪みは何十年分もの積み重ねであり、根本的に改善させるためには確実に一段ずつ階段を上って行く必要があります。 痛みが強いと、即効性があるものにすがりたくなる気持ちは理解できますが、本気で根本改善することを望んでいるなら、頑張って乗り越えるべき壁があるのも事実です。 当院ではその壁を極力早く、確実に超えられるようなサポートや提案があります。 もし本気で根本改善したいと考えているならぜひ当院へお越しください。   まとめ 体の状態を改善させるためには、治療に対する考え方はすごく大事になります。 痛みを作っている原因があなた自身である以上、あなた自身が気を付けたり、変えなければいけない部分というのは必ずあって、医療従事者の助言から外れない行動をすることはその一つです。 根本改善のためには乗り越えなきゃいけない壁があることの理解がすごく重要です。 ぜひ一度考えてみてください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

膝痛が改善しやすい人の1週間の過ごし方 <練馬区桜台の整体>

    • 体のゆがみ
    • 生活習慣
    • 膝の痛み

 こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は膝痛が改善しやすい人の1週間の過ごし方についてお話します。   6日間23時間30分をどう過ごすか 当院では基本的に週1回のペースで通院してもらうケースが多く(体の状態によりますが)、来院と来院の間の『6日間23時間30分』は患者さん自身の生活の時間になります。 つまり私が関われるのは週1回の30分程度ということです。 すごく当たり前の話ですが、私が関われるのは1週間のうちの30分だけで、それ以外は患者さん自身が患者さんの体を管理していく必要があります。 当院は膝など体に痛みが出る原因は歪みであると考えています。 ①は歪みがない状態、②~⑤は歪みがある状態です。膝や腰に痛みがありそうなのは②~⑤ですよね。 ①のような状態なら日常生活で多少無理がかかる動作や姿勢をとってもどこかが痛くなったりはしなさそうですよね。しかし②~⑤のような状態であったら日常生活で多少無理がかかる動作を姿勢をしたら負担が集中する部分があるので、そこが痛くなったりしそうですよね。 それが膝や腰だったら、膝や腰が痛くなりそうですよね。 そして歪みが作られる原因は毎日の生活での左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねによるものです。あなたはおそらく生活内でのほとんどの動作や姿勢が左右バラバラであると思います。つまり毎日何かしらの歪みを入れ続けながら生活をしているということです。 整体と整体の間の1週間にどれだけ歪みが戻ったかで改善の速度が大きく変わってしまうということです。 『6日間23時間30分』の間に極力歪みが入らないように生活して、次回来院につなげてくれれば、比較的整った状態から整体をおこなえます。そうすればより良い状態になりますよね。 だけど『6日間23時間30分』の間に歪みがたくさん入ってしまう生活して、次回来院すれば、前回と同じくらいの歪んだ状態から整体をおこなうことになります。そんなことをしたら改善するわけありませんよね。   歪みを作っているのはあなた自身であるということ 膝の痛みに限らず、体の痛みが改善しやすい人としにくい人には大きな差があります。 痛みが出た原因が自分自身にあるという事を明確に認識できているかという事です。 先ほど生活で歪みが作られるという説明をしましたが、改善しやすい人はそのことを明確に理解します。 それに対して痛みが改善しにくい人は、その人自身の生活自体が痛みが出た原因であると説明しても、その自覚が薄く、自分自身の生活での体の使い方以外のところに痛みが出た原因を求める傾向(意識的、無意識的にかかわらず)があるのです。   改善しやすい人は生活での左右バラバラの動作や姿勢が原因であるから、負担が入るような体の使い方を減らしたり、負担が入りにくくなるようなアドバイスをしっかりと実行します。 改善しにくい人は生活での左右バラバラの動作や姿勢をあまり改善しようとしなかったり、勝手な解釈でより歪みを入れるような何かをしてしまったりするのです。   『6日間23時間30分』の過ごし方について 当院では『6日間23時間30分』の間に歪みを極力入れないためのアドバイスをしています。 それを完璧に実行する必要はなく、はじめはできる範囲で少しずつやっていただければ、だんだんと歪みが入りにくい生活ができるようになってきます。 多少実行するのにハードルが高いものもありますが、膝に痛みが出続けることと実行することで痛みが出る確率が下がっていくことのどちらが大事かをしっかりと考えていただければと思います。 ここでアドバイスについてお伝えしたいところなんですが、基本的に体が整っている状態でやっていただくことが前提であるため、詳しい話はできないのですが、少し触れさせていただきます。 ① 当院が提案したトレーニングや自己ケアを実施する ② 体に負担がかかる場面でサポーター類を使う などです。 ①に関しては体の歪みを改善させていく過程で、歪みの根深い部分があらわれてきます。当院の整体は治療初期は全身の歪みを整えていくのですが、歪みが根深い部分が必ずあらわれます。それは必ずしも痛みがある部分ではなく、痛みとは一見関係なさそうな部分にあらわれるのです。 わかりやすい例でいうと、外反母趾が歪みの根深い部分でその影響で膝痛や腰痛がでているケースがあったりするのです。その場合外反母趾の自己ケアを提案したりします。 ②に関しては、毎日左右バラバラの動作や姿勢をすることは避けられないのですが体に入る負担が強い場面とそうでもない場面があるはずです。負担が入りやすい場面でサポーターなどを使って体を守ってもらうことで歪みが入りにくくなるのです。 より詳しい話は当院に通院していただいた人にしています。   まとめ 痛みを出している原因は必ずあなた自身の生活での体の使い方にあります。どんなに素晴らしい施術があったとしても、あなた自身が全く変わる気が無いのなら、おそらく思ったようには改善しないでしょう。 しかし信頼できる素晴らしい施術があった場合、あなたが改善のために最大限の努力をすれば、その努力はかなり高い確率で報われるでしょう。 あなた自身の体を改善させるためには、あなた自身の頑張る必要はあります。 当院ではあなた自身が長く頑張れるように継続出来るような提案を用意しています。 流石に『毎日30分間この運動をして下さい』といったような提案は続けることが不可能であることは理解しています。 本気で膝の痛みを改善したいなら、ぜひ一度当院にお越しください。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!       ↓↓↓↓↓↓ もっと詳しく知りたい方はこちらをクリックしてください!

あなたは今通っている院の治療方針を理解していますか? <練馬区桜台の整体>

    • 生活習慣

こんにちは、いなざわ整体院の院長の稲澤寛樹です。当院のブログをご覧になっていただき有難うございます!今回は今通っている院の治療方針を理解しているかどうかについてお話します。   あなたが通っている院の治療方針を理解していますか? あなたは今まで整形外科に行ったり、接骨院などに行ったりした経験があると思います。 あなたは痛みの原因やその院の治療方針を理解できるくらいの説明を受けていましたか? 『何が原因で体に痛みが出ているから、その原因を解決するためにこういう治療を受けている』ということを他の人に説明できますか? その説明が出来ないのであれば、あなたは通っている院の治療方針を理解していない可能性が高く、その院が考えている痛みの原因も理解していないのではないでしょうか。 その場の症状が何となく和らげば良いのでしょうか? 時間の経過とともに再発してしまうことに対して疑問は無いのでしょうか? そのまま続けていて、あなたの体は本当に改善するのでしょうか?   確かに体の状態はその人自身の生活習慣が関わってしまうので、絶対にここまで改善しますという断言はできません。 しかし、こうなる可能性があるということをイメージしてもらうことは十分にできます。   今あなたが通っている院の治療で、確実に改善しているなら、それでよいと思います。だけど、もしあなたのイメージしている通りに改善していないなら、あなた自身とその院で、どのような流れで改善していくかのイメージを共有出来ていない可能性が高いでしょう。   100%イメージを共有することは難しくても、少なくとも同じ方向を向いていることは重要で、そのズレが大きいほど改善の確率は下がっていきます。   どんな治療をされているか理解していないと怖くない? あなたは素人なので、体のことが理解できている必要はありません。 体がこうなっているから、こういう症状が出ていて、原因はこうだから、こういう治療をやるということを考えるのは医療従事者の仕事です。 しかしあなたの体の痛みの原因はこうだから、こういう治療をやっているということぐらいはしっかり説明を受けて認識していないと怖くないですか?   患者さんに以前通っていた治療院では『どういうことが原因で痛みが出ていると説明されたんですか?』と聞くとわかっていない人が結構います。 『こことここが痛いと話すとその場で痛いところを見つけてくれて治療してくれてました。』みたいなことをおっしゃるのです。   あなたが病気だった場合に病院で薬を処方されたときに、病気の原因や処方された薬の効果は気にならないのでしょうか? お医者さんの言うことは100%正しいのでしょうか?(どんなにすごいお医者さんでも人間の体のすべてを把握することは不可能です。人間の体はそれほどに複雑だからです。) そう考えると、少なくとも体の不調の原因やどのような効果がある薬かの把握くらいはしておいたほうが良いのではないでしょうか?   医療従事者はなるべく患者さんに理解できるように説明はしますし、わからなければ何回も説明します。 しかし患者さん自身が医療従事者に丸投げであったり、全く理解しようとする努力が見られない人がいることも事実です。 あなたが受けているその治療は、その場では痛みが取れるかもしれませんが、いつまで通い続ける必要があるのでしょうか? そのことを理解しないまま、あなたはいずれ通うのを止めて、あの院では治らなったと勝手に思い込むのでしょうか? あなた自身がしっかりと医療従事者から原因や現在おこなっている治療の意味を理解できれば、この治療を続けて良いのか、別の方法を探す方が良いのかの判断材料にはなると思います。 あなた自身がその院で何をされているか、どういった意味があるのかを理解しておくことは非常に大切なことです。   まとめ その場の痛みが取れると、改善したと思い込みがちですが、もし再発を繰り返しているなら、それは治ったとは言えないでしょう。 再発を繰り返しているということは、当然ですが原因は解決していません。 あなたはそのことに対してまずは疑問を持った方が良いかもしれません。 騙しだましの生活で良ければ、それも選択肢の一つではありますが、根本的に改善して毎日のイライラやつらい気持ちを忘れられるような生活を望んでいるなら、あなたが受けている治療で良いのかを一度見直した方がよいでしょう。 今回も最後までお読みいただきありがとうございます。何か気になる点ご質問がありましたらお気軽にお問合せください。お待ちしております。 ではまた次回のブログでお会いしましょう!

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

12月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

1,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-6914-7761 03-6914-7761

営業時間 午前10:00〜13:00/午後15:00〜20:00(最終受付19:00)

いなざわ整体院

住所
〒 176‐0002
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
アクセス
西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
代表者
稲澤 寛樹
電話番号
03-6914-7761 03-6914-7761

水曜日は13:00まで 木曜日は定休日 土日祝も20:00まで営業しています!

営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

LINE ID
@mri9971k
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP