いなざわ整体院

西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
待ち時間なし!完全予約制の整体院です。
来院の際は☎でご予約ください。

住 所
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

脊柱管狭窄症

あなたは以下の項目に当てはまりませんか?

痛みと痺れで5分と歩けなくなる

病院で「もう手術しか無い」といわれている

たくさんの治療院に行ったけど何度も痛みと痺れが再発する

手術をしたが、痛みと痺れが改善せずリハビリもできない

脊柱管狭窄症で何年も悩んでいるが、改善できないので将来寝たきりになるでは?と不安が募っている

体重が増えて特に症状がひどくなったが、運動もできずなす術がない

ひどい症状で断られると思い不安で電話の予約ができない

あなたの脊柱管狭窄症が改善しなかった理由…

あなたも以上のような悩みを抱えながら、様々な院に行って、様々な治療を試してきたかもしれません。

そんなあなたの治療結果も知ってます。
治らなかったんですよね

 

なぜあなたの脊柱管狭窄症は治らなかったのでしょうか?

その理由は大きく分けて2つあります。
①腰の痛みを取る治療のほとんどが間違った治療法であるから
②なぜ痛めたのか明確な理由がわかってないから

 

①から話を進めていきましょう。

当院に来院された脊柱管狭窄症の痛みを抱えた患者さんの多くが間違った腰痛治療を続けられていました。
その場では何となく良くなっても、すぐに元に戻ってしまうので、頑張って通院しても変化が出ない場合や、それどころか腰の痛みを悪化させていたケースもあります。

整形外科でシップと痛み止めの飲み薬整骨院で電気をあてて5分マッサージ、整体院にいってバキバキと痛い矯正。少しいいかな?と思ってもすぐに元に戻ってしまう。そしてまた別の整形外科へ・・・どこに行っても同じ結果の繰り返し。
同じような施術、電気治療を受けているうちに、その刺激に慣れてしまい、身体も鈍感になってしまう。

痛み止めを飲み続け、シップを貼り続けていると体が慣れてしまい、どんどん効果が弱くなってしまうということがあなたの体で起こってきます。

これだと治りません

本気で治したいと思っているあなたはこんな結末を望んでいるわけではないですよね。しかしまじめに通い続けたのに良くならなかったのは決してあなたのせいではありません。

あなたに本当に合った治療に出会えなかっただけです。

しかしあなたも薄々感じてはいるかも知れませんが、何ヶ月、何年間も同じことを繰り返していて少しも改善が見られなければそれは根本的には何も改善していないということです。

その原因をはっきりさせずに漫然と病院、整体に通い続けても、あなたの貴重な時間、労力、お金を無駄に費やすだけで問題は解決にいたりません。

 

では『②なぜ痛めたのか明確な理由がわかってないから』についてお話していきましょう。

あなたは整形外科や治療院であなたの脊柱管狭窄症の痛みが出る原因について納得がいく説明を受けましたか?原因の説明が理にかなっていれば、それに合わせた治療をしていけば、あなたの腰は改善しそうですよね。

だけど恐らく原因について明確な説明は受けていないし、原因を改善させるための治療の提案はされていないのではないでしょうか?

 

なぜこのようなことが起こるのでしょうか

それはあなたが行った整形外科や治療院が脊柱管狭窄症の痛みの原因がハッキリとわからないため、とりあえず痛みを取るだけの治療をしたからです。

 

ここで当院が考えるあなたの腰に痛みがあらわれた原因についてお話します。

上の絵のを見比べてください。腰が痛くなりそうなのはどちらですか?②ですよね

を比べて、肩首が痛くなりそうなのはどちらですか?③ですよね

を比べて膝が痛くなりそうなのはどちらですか?④ですよね

あなたの体も①というよりは②~⑤の状態に近いような気がしませんか
あなたは素人ですけどの状態の方が体が悪いとわかりましたよね。

これが歪みです。

のように左右対称でどこにも負担が入っていない状態が正常な状態になります。

のように左右バラバラで体のどこかに負担が入っている状態が歪みがある状態になります。

 

あなたは毎日毎日、左右バラバラの動作や姿勢を取り続けていませんか

その積み重ねが今のあなたの体の歪みを作っています。

あなたが30歳なら30年間40歳なら40年間歪み作り続けているのです。

そして腰に負担が入るような歪みを作ってしまい、限界に達したときにあなたの腰や足は痛み始めたのです。

 

ここに一つの事実があります。

脊柱管狭窄症を抱えている患者さん全員が腰痛があるとは限らないという事実です。
人間は加齢とともに程度の差はあっても脊柱管狭窄症になる人が増えてきます。

しかしその中の全員に腰痛や下肢の症状があるわけではありません。

脊柱管狭窄症があって、あなたと全く同じ仕事や家事やスポーツをしていたとしても、腰や足痛くならない人痛くなる人がいるということです。

痛くならない人は①のような状態に近くて、痛くなる人は②~⑤のような状態に近いような気がしませんか?

 

なら負担が入るような動作や姿勢をしても、腰や足に負担が集中したりしないですよね。
しかしのような状態なら、腰や足に負担が集中する可能性がありそうですよね

そうなるとあなたの腰や足の骨や筋肉、神経などがズレたり圧迫されたりして腰や足に多大な負担がかかって痛みが出てしまいそうですよね。

 

このように考えるとあなたの腰や足の痛みが出ている大元の原因は脊柱管狭窄症そのものより体の歪みであり、体の歪みの問題を解決すれば、あなたの腰や足の痛みは改善するような気がしませんか?

また腰だけの治療をしたとしても、②~⑤のように体に歪みが残っていたら、すぐに腰や足の痛みが再発してしまうような気がしませんか?

 

全ての痛みには原因があります

それはあなたが取る左右バラバラの動作や姿勢の積み重ねであらわれる体の歪みです。

あなたの生活での動作や姿勢によって痛みが出たというのに、そこには目を向けず痛みに対してのみ処置をするから長引いてしまうんです。

痛めた原因となった動作や姿勢を生活内で知らず知らずのうちにしている可能性が高いですよね。いくら良い治療を受けても原因となる動作や姿勢をし続ければ再び歪みが入って脊柱管狭窄症による腰や足の痛みは再発します。

 

脊柱管狭窄症は時間との勝負なのです。

これぐらいならそのうち治るだろう」と放っておくと、あなたの体の歪みはどんどん根深いものになっていきます。

普通は体の歪みがあったとしても骨が変形するようなことは起こりません。しかし脊柱管狭窄症は骨が再生不可能な状態に変形を起こしているのです。

あなたはそれほど長い時間腰に負担を入れ続け、我慢しすぎてしまった結果なのです。

歪みが根深くなって、限界を超えてしまえば、あなたの腰の痛みは改善する確率がどんどん低下していくでしょう。

さらにあなたが下肢のシビレに悩んでいるなら、早急に対処が必要になります。シビレは痛み以上に根本改善が難しい症状であり、早く治療を始めることが最も肝心だからです。

こうして腰や足を悪くしていって歩行が困難になって杖をつき、家から出るのも嫌になって寝たきりに・・・やがては認知症に・・・家族の人生の一部を失わせるほどの負担をかけることになるかもしれません。

ここに辿り着いたあなたにはそのようにはなってほしくありません。

 

なぜ私がここまで自信満々に語れるか?
それはあなたの脊柱管狭窄症の痛みの原因が体の歪みであるとわかっているからです。

私は体の歪みを整える方法、そしてその状態を維持する方法を知っています。
今までのところではダメでも、私ならあなたの腰や足の痛みの問題を解決できます。

今まで腰や足の痛みでたくさん悩まれて・・・

たくさんの治療を試して・・・

整形外科に手術を薦められて・・・

そんな追い込まれた状況でこのページにたどり着いてくれたあなたに、最後に私から一言伝えさせてください。

まだ諦めないでください』

腰や足の痛みの原因のである歪みを整えて、整った状態を維持することであなたの痛みは必ず良い方向に向かいます。

もしあなたが本気で『脊柱管狭窄症を治したい』そう思われてるのであればこのままお読みください。

脊柱管狭窄症の新常識
脊柱管が狭窄し神経を圧迫していても
痛みは出ない場合がある医学的な事実をご存じですか?

1.日本整形医科学会は「脊柱管狭窄症」でも無症状の人が多いと発表

脊椎の状態は加齢によって変形するものであり、軽度であれば無症状のことも多いとのことです。

つまり変形していても症状を軽減することは可能であるということです。

2.「脊柱管狭窄症で神経が圧迫されるから痛い」のウソ

脊柱管狭窄症は「変形した骨が神経を圧迫するから痛い」と言われています。病院でもそのように診断されます。

神経が圧迫されたら痛みが出るという理屈は、全く医学的な根拠はありません。

 

レントゲンやMRIで診断され、見た目には変形した骨が神経を圧迫しているように見えるから、神経から痛みが生じているように説明されますが圧迫された神経の場所から痛みが出るというのは、医学的には間違った説明です。

医学書を読んでいただくと分かりますが、神経が圧迫されたら神経が痛くなるという症例は一切ありません。

本当に神経が圧迫されれば本来、麻痺が生じるはずです。さらに神経圧迫によりその先の部位に筋肉の萎縮が見られるはずです。つまり神経が圧迫された部分は自分の意志でコントロールすることができなくなるはずなのです。

あなたの足はしびれているかもしれませんが、自分の意志で思ったように動かすことはできますよね。

麻痺や筋肉の萎縮が見られない場合は、脊柱管狭窄症の痛みは、神経の痛みではないと言えます。

 

神経が圧迫され痛みが生じるケースは、神経そのものに損傷が出た場合のみです。この場合は神経障害性疼痛という、特殊な神経の痛みに分類される痛みです。ガン細胞が神経を侵食したり、糖尿病からくる神経障害など、神経が直接侵害される場合に起こる痛みです。

脊柱管狭窄症の痛みに悩まされているかたのほとんどは、侵害受容性疼痛という部類の痛みの症状です。この痛みは、打ち身や筋肉の痛みなど、日常生活で感じる通常の痛みです。

この二つの痛み全く違うものであり、当然治療方法も全く異なってきます。神経障害疼痛の場合は、一般的な痛み止めや鎮痛剤は効きません。

しかし病院では脊柱管狭窄症を神経障害性疼痛と診断しながら、一般の痛み止めを処方するというデタラメな診断と投薬を処方します。

このように、脊柱管狭窄症の一般的な診療は、脊柱管狭窄症の本当の痛みのメカニズムを理解せずでたらめな治療が繰り返され、脊柱管狭窄症の症状が改善しない例が後を絶たちません。

脊柱管狭窄症で本当に手術が必要なのは3割

一言で脊柱管狭窄症といっても、その症状には大きく3つのタイプに分かれます。

  • 神経根型タイプ
  • 馬尾型タイプ
  • 混合タイプ

の、この3つのタイプの脊柱管狭窄症があります。

こちらは通常の脊柱管の状態です。

これが神経根型脊柱管狭窄症と呼ばれる状態です。神経根型の症状は、脊柱管狭窄症の中でも6割以上の方に見られる症状です。脊柱の変形が神経根を圧迫している状態と診断されますが、神経自体には痛みを感じる症状はないので、この状態でも何も自覚症状の無い人が多くいます。

こちらが馬尾型脊柱管狭窄症の状態です。この状態の脊柱管狭窄症には、排尿障害などの麻痺の症状が表れるため、手術が必要な脊柱管狭窄症のタイプです。

馬尾型の症状の方は、脊柱管狭窄症と診断される中でも1〜2割程度と、非常に珍しい症状のタイプです。

これは混合型脊柱管狭窄症の症状です。脊柱管狭窄症と診断される方の中でも1割程度と稀な症状です。こちらも排尿障害などの麻痺の症状が現れるため、手術が必要です。

脊柱管狭窄症と診断される方の割合は以下の割合になります。

  • 神経根型タイプ:全体の約6割
  • 馬尾型タイプ:全体の約2割
  • 混合タイプ:全体の約1割

の、この3つのタイプの脊柱管狭窄症があります。

この中でも、手術が必要なタイプは「馬尾型」「混合タイプ

 

神経根型のタイプの場合、神経自体には痛みを感じる症状はないので自覚症状が全くない方もいらっしゃいます。つまり脊柱管狭窄症と診断されて自覚症状がある場合、神経の痛みではなく他の所に痛みの発生源があるということです。

脊柱管狭窄症で見落とされてきた本当の痛みの原因とは?

脊柱管狭窄症を診断された方がの多くが神経の痛みと勘違いして、見落とされてきた本当の痛みの原因は、腰に負担が入るような体の歪みによって腰や背筋、骨盤周りの奥にある筋肉、太もも周りの筋肉がズレて硬くなってしまうことです。

 

今まで言われてきた神経や脊柱管とは全く関係ないということです。

 

脊柱管狭窄症と診断された患者様を触診し、簡単な運動検査を行えばすぐにわかります。

特に太ももの裏側のハムストリングス、骨盤周りの奥にある大腰筋、お尻の大臀筋や中殿筋、さらにその奥にある梨状筋、腰回りの広背筋などが、異常なほど硬直していることがわかります。

これらの筋肉の検査は、患者様の痛みや症状を診断する際には非常に大切な検査ですが、一般的な医療機関では、そもそも筋肉に痛みの原因があるという考え自体が無いため、MRIやレントゲンの診断のみで症状を判断されます。

筋肉の状態はレントゲンやMRIでは診断できないため、多くの患者様の本当の痛みの原因が長年見落とされてきました。

当院では全身の歪みを整えることで腰周囲の筋肉のズレや緊張を取り除き、あなたの脊柱管狭窄症を根本改善に導きます。

いなざわ整体院が行う脊柱管狭窄症の根本改善の施術

整形外科で脊柱管狭窄症と診断された多くの患者様は、以下のような状態になっています。

  • 姿勢が悪く腰をいつもかばっている → 本来発揮できる筋力を十分に発揮できない
  • 歩幅が狭い → 骨格の歪みや下肢の筋肉の緊張で歩幅が狭くなる
  • 全身が硬くなっている → 腰~下肢だけでなく背中~肩首まで全身が緊張状態
  • 長く歩けない → 長時間歩くとシビレが強くなったり、下肢に痛みがあらわれる

毎日左右バラバラの動作や姿勢を続けていると必ず負担が入り続ける部分があらわれます。なぜならあなたの1週間の生活は大体決まっているからです。つまり同じところに負担が入り続けてしまうというわけです。

あなたの場合、脊柱管狭窄症になるような負担を体に入れ続けたことで、脊柱管狭窄症と診断され、今体感している症状に悩まされているのです。

先ほども言お伝えしましたが、体の歪みによって腰や背筋、骨盤周りの奥にある筋肉、太もも周りの筋肉がズレて硬くなってしまうことで脊柱管狭窄症の症状はあらわれるので、あなたも同じところの筋肉にトラブルが発生している可能性があります。

 

では腰や背筋、骨盤周りの奥にある筋肉、太もも周りの筋肉がズレて硬くなってしまっているから、その部分にだけアプローチすればあなたの脊柱管狭窄症は改善するのでしょうか?

答えはNOです。

先ほども見ていただいた歪みの比較のイラストです。

脊柱管狭窄症がありそうなのは①というよりは②~⑤でしょう。

もし②~⑤の人の腰、背中、骨盤、殿筋の歪みを整えたとします。

しかし肩首や足の歪みが残っていたら、その状態でまた左右バラバラの動作や姿勢の生活を続けたとしたら、すぐに腰、背中、骨盤、殿筋の歪みは元に戻ってしまうような気がしませんか?

つまり全身の歪みをどうにかしないと、あなたの脊柱管狭窄症の症状は改善しないということです。

脊柱管狭窄症で改善すべき根本原因は「体の歪み」

脊柱管狭窄症に悩まされている方が本当にすべき治療は、手術をすることでも、痛み止めのブロック注射を繰り返すことでもなく「全身の歪みを整える」ことです。

どこに行っても改善しない脊柱管狭窄症の本当の原因は全身の歪みなのですが、一般的な医療機関では長年見落とされてきました。とても残念なことですが、これが国内の一般的な医療機関の脊柱管狭窄症の治療の真実です。

 

体の歪みが原因であれば、痛み止めを飲んでも、ブロック注射をしても、痛みは一時的に楽になっても、根本原因の解決にはなりませんから、いくら治療を続けても良くなることはありません。

 

もし、あなたが色々な医療機関で治療を続けていたにもかかわらず、一向に改善しなかったのであれば、ぜひ当院の施術を受けてみてください。

あなたを救う方法が、いなざわ整体院にはあります。

 

ただし、長年積み重ねた体の歪みは、積み重なった時間だけ本来の状態に戻すにも時間がかかります

1回の施術でも改善を体感することはできますが、長年かけて作ってしまった左右バラバラの動作や姿勢のクセや繰り返すことで脳に記憶された歪みの記憶に書き換える時間が必要です。

あなたの何十年分の歪みの記憶は強固なものであり、治療初期は体はすぐに歪んだ状態に戻ろうとします。

ただ当院にはある自宅ケアがあり、歪みを戻しにくくする方法があります。

本気で脊柱管狭窄症を根本改善したいと考えているなら、ぜひ当院へお越しください。

当院の根本改善施術では、このように多くの方が改善しています

リウマチによる膝痛と腰痛が改善し長時間歩くことが出来るようになりました!

どのようなお悩みで「いなざわ整体院」に来られましたか?

15年前からリウマチ、ここ3年位は腰痛があって膝の状態も良くなく、去年の4月に圧迫骨折をしました。それから長時間歩くのことが出来なくなって、何とかしたいと思い来させていただきました

それを解決するために何をされましたか?

カイロ、接骨院、整体、ペインクリニックなどいろいろ行きましたがなかなか良くなりませんでした。

いなざわ整体院に来てどうなりましたか?

長年リウマチで特に膝が悪くて、あおむけで寝るとき、膝がいつも曲がって浮いている状態でしたがこれは治らないものだと諦めていましたが、こちらの1,2度の施術でまっすぐ伸びたのには驚きました。今は体の痛みもなくなり、前より歩けるようになりました!

他の院と当院では何が違いますか?

筋膜リリースだとかトリガーポイントだとか言われ、相当強い力で押されることが多々ありました、治療自体が痛くてつらかったのですが、こちらは正反対で「えっそんなソフトで治るの?」という感じで、受けるといつも睡魔に襲われます。

同じようなお悩みの人にメッセージをお願いします

痛い治療は自然と足が遠のいてしまいますが、こちらの治療はソフトで受けるのもつらくありません。生活で気を付けることなども教えてくださり、とてもいい整体院です。

練馬区 N.I様 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

背中から腰にかけての痛みが解消できて、仕事が快適にできるようになりました。

どのようなお悩みで「いなざわ整体院」に来られましたか?

背中から腰の痛みがずっと続いていて、仕事をしているときも辛くて来院しました。

それを解決するために何をされましたか?

マッサージなどを受けていましたが、時間が経つと元に戻ってしまいます。

いなざわ整体院に来てどうなりましたか?

背中の痛みが和らぎ、頭もすっきりした感じがします。調子も良くなって仕事も快適にできています。

他の院と当院では何が違いますか?

痛みの原因が体のゆがみであることが理解できました。問診から原因を探る作業があり、受け身の治療ではなく先生と一緒に治していくという感覚があり心強く思えました。

同じようなお悩みの人にメッセージをお願いします

痛みや不調の原因がわからないで悩んでいる人は、原因を見つけられると思います。自分の不調を理解してもらえるととても心強いのでお勧めです。

豊島区 新明様 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

デスクワークでの辛い腰痛が改善し、長時間座ってられるようになりました!

どのようなお悩みで「いなざわ整体院」に来られましたか?

デスクワーク中に腰の鈍痛があって、仕事中、特に会議があったときに長時間座ってるのがつらくて来院しました。

それを解決するために何をされましたか?

整形外科に行ったり、マッサージを受けたりしました。

いなざわ整体院に来てどうなりましたか?

施術後に帰宅してすぐに効果を感じました。着実に改善していることを実感しています。周囲からO脚が治ってきていると指摘されるほどです。

他の院と当院では何が違いますか?

一般の整形外科では受けられない治療です。すぐに効果を体感できるのには驚きです。

同じようなお悩みの人にメッセージをお願いします

このような治療法があるということが広まって腰痛に悩む人がたくさん良くなるといいと思います。

練馬区 渡辺様 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

足腰の痛みに加え、自律神経の乱れもあってつらかったのが、全て理解してもらい、的確に治療してもらえました!

どのようなお悩みで「いなざわ整体院」に来られましたか?

足腰に痛みに加え、自律神経の乱れと体のバランスが悪く、それを改善したくて来ました。

それを解決するために何をされましたか?

整形外科や接骨院に行っていました。一時的に良くはなりますがすぐに戻ってしまいます。

いなざわ整体院に来てどうなりましたか?

体にすぐに変化を感じられ、足腰の痛みが無くなりました。

他の院と当院では何が違いますか?

整形外科や接骨院では普通電気をかける、揉む、けん引等、痛いところに対して治療をするが、いなざわ整体院では痛いところに対して、関連がある箇所を治療してくれて痛みがあるところに効果があらわれて驚きでした。

同じようなお悩みの人にメッセージをお願いします

他の院では体の痛みを訴えてもなかなか分かってもらえず、あきらめることが多いのですがいなざわ整体院ではこちらの訴えを全て理解してもらえます。もしわかってもらえないで悩んでいる人にはオススメです。

 練馬区 市村様 

お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

このホームページで当院をお知りになったあなたにも、元気で健全な生活を取り戻して欲しいのです。

このホームページをご覧になり、当院を知っていただいたあなたにも、当院で根本改善された方のように、脊柱管狭窄症の辛い痛みから解放された生活を取り戻していただきたいのです。

根本改善を諦めてしまい、時間が経過し脊柱管狭窄症がさらに悪化し、そのうち杖が必要になり、いずれ寝たきりの生活になり、ご家族に大きな負担をかけながら人生を終えていく、なんてことには絶対になって欲しくありません。

あなたは介護の現実を知っていますか?

介護に必要な金額は初年度は300万円と言われています。
介護になった人がいた場合、覚悟しなきゃいけない年数は平均13年と言われています。

この現実は怖くないですか?

あなたが寝たきりになったとき、家族にどのくらいの負担を強いてしまうでしょうか。

あなたが元気で健全な生活を送ることは、あなたの家族の健康を守る事にも値します。

是非一度考えてみてください。

当院の根本改善させるための流れ

脊柱管狭窄症は、手術をしなくてもしっかり根本改善が可能な症状です。だから、諦めないでください。

いなざわ整体院では脊柱管狭窄症の痛みの本当の原因は体の歪みによって腰や背筋、骨盤周りの奥にある筋肉、太もも周りの筋肉がズレて硬くなってしまうことと考えています。

本来、腰周囲の骨や筋肉などが全てが正しい位置におさまっていれば腰のどこにも負担は入りません。

しかし人間は必ず動きながら生活しています。そして左右バラバラの動作や姿勢を24時間365日続けているのです。

 

この状態から根本改善させるためには以下の3つが必要になります。

①腰そのものに負担が入らない状態を作る
②負担が入らない状態を維持する
③自然治癒力が高い状態にする

 

①腰そのものに負担が入らない状態を作る

腰に負担が入る状態であるため筋肉が硬くなったり、老廃物がたまったり、血行不良になったりして痛みがあらわれます。

なぜこのような状態になるかというとに歪みが入っているからです。

歪みが入ることで腰の骨や筋肉が正しい位置を保つことが出来なくなり、動作時などに腰に余計な負担が入り、その蓄積によって痛みがあらわれます。

そのためにはまず腰に負担が入らない状態=腰が整っている状態にする必要があります。

しかし全身は連動しているので腰に歪みがあれば、当然膝や肩首にも歪みが入ります。その逆もあるため、膝の歪みの影響で腰が歪み、腰に痛みが出ている原因になっているということが起こります。

つまり腰に負担が入らない状態を作るためには、全身の歪みを整える必要があります

 

②負担が入らない状態を維持する

腰に負担が入らない状態を作れば、痛みは軽減します。しかし当たり前のことですが、再び腰に歪みが入れば、軽減した痛みは再発します

そのため整った状態を維持していく必要があります。

 

③自然治癒力が高い状態にする

痛みは歪みが整った瞬間から全て改善するわけではありません。

基本的には自然治癒力が働くことで痛みは改善します。

体の歪みを整えることで、自然治癒力の働きが高まります

 

このように全身の歪みを整えることで腰に負担が入らない状態と自然治癒力が働く状態を作ります

すると自然治癒力の働きによって痛みは改善します

整った状態を維持することで、再発を防ぎます

これが当院の根本改善の流れになります。

当院の脊柱管狭窄症の根本改善で行う5つのチェックポイント

1.痛み、シビレの状態や生活状況の聴き取り

まずはあなたが病院で脊柱管狭窄症と診断された経緯と現在の痛みやシビレの状態のお話をうかがいます。

次に生活状況についてうかがいます。

当院では脊柱管狭窄症があり、痛みやシビレがある方は体の歪みによって腰や背筋、骨盤周りの奥にある筋肉、太もも周りの筋肉がズレて硬くなってしまうことが原因であると考えています。

体に歪みが入るのは、毎日の左右バラバラの動作や姿勢の蓄積によるものだからです。

再発を防ぐためには生活習慣の見直しも必要であるため、生活状況の聞き取りは根本改善のために重要な役割になります。

2.椎間板や腰周辺の筋肉の状態のチェック

腰周辺の筋肉や腰椎を触診し、腰周辺の筋肉がどの程度硬直しているか、骨の歪みがどの程度か状態を把握します。

脊柱管狭窄症の症状を訴える方のほとんどは、腰部を中心に全身の柔軟性がなく、腰を支える脊柱起立筋や大腰筋などに硬さが見られる場合がほとんどです。体の奥の深層にあるそれらの筋肉が癒着していたり、硬直が強い場合は触診の際に痛みを感じます。

筋肉が硬い状態というのは、筋肉自体が正しい位置からズレているケースが多く、骨は筋肉に付着しているため、骨の歪みもあらわれます
そのため腰骨がどれだけ歪んでいるかも、状態を把握するための指標になります。

腰の痛みとお腹の筋肉の関係について。

3.全身の歪みの状態のチェック

先ほどお話しした通り、当院では脊柱管狭窄症があり、痛みやシビレがある方は体の歪みによって腰や背筋、骨盤周りの奥にある筋肉、太もも周りの筋肉がズレて硬くなってしまうことが原因であると考えています。

腰に歪みが入ると腰周囲の骨格や筋肉、血管、神経などすべてが正しい位置から逸脱した状態になります。

筋肉が正しい位置にあれば、適度な緊張状態を保つことができ、筋肉に余計な負担は入らないため、痛みが出ることはありません。

しかし腰に歪みが入ると筋肉も歪みの影響で正しい位置を保てなくなり、余計な負担が入ってしまうのです。骨や血管、神経も正しい位置を保てなくなれば余計な負担が入るようになり、血管に負担が入れば血流が悪くなり、神経が圧迫されればシビレがあらわれたりします。

また全身は連動しているため、腰に歪みが入っているからといって、腰が原因で腰に歪みが入ったとは限らないのです。

つまり全身にどれだけ歪みが入っているかを把握する必要があります

そのためこの全身の歪み検査は現在のあなたの体の状態を把握するうえで非常に重要な検査になります。

そりすぎても腰痛になる

4.全身の筋肉の状態の確認

根本改善を目指すうえで重要なのが自然治癒力を高めることです。

腰の負担を減らすだけでも、ある程度は痛みやシビレが軽減しますが、長年負担をかけ続けた腰の深部の痛みやシビレはそれだけでは消失しません。

この深部の痛みやシビレを改善させるためには自然治癒力を高める必要があります。痛みやシビレを改善させるのは体に元から備わっている自然治癒力だからです。

通常なら働くはずの自然治癒力の働きが低下しているため、痛みやシビレが慢性化し改善しない状態になっているのです。

あなたは痛みやシビレが改善していませんよね。人間は自然治癒力が備わっているので、睡眠をとれば回復するためのホルモンが働き、体は回復していきます。

しかし痛みやシビレが改善していないあなたの自然治癒力の働きはかなり低下しているのです。

簡単に説明すると体がリラックス状態になると体は回復モードに切り替わりやすくなります。

脊柱管狭窄症があって腰を中心に全身の緊張が常に強い状態のあなたは体をリラックス状態にすることができません。

つまり筋肉の緊張状態を確認することは自然治癒力が働きやすい状態であるかを知るための重要な指標となります

施術によって筋肉の強い緊張が適度にやわらいでくれば自然治癒力が働きやすい状態であるという判断ができ、施術が上手くいっている指標になります。

5.下肢の筋力検査

体に歪みがあると筋肉や関節の働きに左右差があらわれます。

骨や筋肉が歪みが無く正しい位置にあれば、筋力は100%に近い力を発揮することが可能になります。その反対に骨や筋肉の歪みが強くなるほど、筋力を最大限発揮することが難しくなります。

また体に歪みがあると左右で使いやすい方が出てきます。すると自然と使いやすい体の使い方をすることが多くなり、筋力の左右差があらわれたりします。

しかし、ほとんどの人は筋力に差がある状態で生活を送っていることを自覚していません

これは自覚していない運動機能の低下がある状態といえます。

高齢者は段差とは言えないような段差でつまづき、骨折するというのはよく聞く話でそのまま介護状態になる人も多くいます。

この段差でのつまづきは自覚していない運動機能の低下により、自分のイメージよりも足が上がっていないことで起こります。

介護が始まったら、今までの生活は確実に破綻します。

あなたやあなたの家族が介護になった状態をイメージしてみてください。それってすごく怖くないですか?

介護にかかる金額は初年度300万円と言われています。介護の平均年数は13年と言われています。

あなたやあなたの家族は本当に大丈夫ですか?

当院では将来介護にならない体作りが最も大切だと考えていて、その指標として下肢の筋力検査を実施しています

筋力の左右差があるにもかかわらず、そのことを自覚していなかった場合は、自覚していない運動機能の低下があり、介護になる可能性があるリスク状態という指標になります。

「介護 イラスト 悲しい」の画像検索結果

一般的な「治らない」脊柱管狭窄症の治療と、当院の「根本改善する」治療の違いをまとめます

腰の痛みの原因

一般的な医療機関や整形外科
脊柱管の狭窄によって痛みがあらわれている。

当院の根本治療の考え
腰周辺の筋肉やインナーマッスルの硬直や萎縮、骨盤周辺の深層筋の硬直や筋膜のゆがみ。

レントゲンやMRIで脊柱管狭窄症と診断された

一般的な医療機関や整形外科
脊柱管狭窄症が痛みの原因と判断し投薬治療やブロック注射など最悪手術を行う。

当院の根本治療の考え
脊柱管狭窄症自体が無症状であることが多いという医学的根拠に基づく判断を行い、痛みが生じている原因を追及。

体重や加齢による影響

一般的な医療機関や整形外科
体重が重いことが脊柱管狭窄症を発症させたと考える。
加齢による筋力低下が原因で脊柱管狭窄症を発症させたと考える。

当院の根本治療の考え
体重や加齢に関係なく、体の使い方や腰へ負担をかけている状態を見抜いてその状態を改善する。

症状の重症度合いの判断基準

一般的な医療機関や整形外科
脊柱管狭窄症の変形や痛みの度合いを基準に判断。場合によっては外科手術を推奨。

当院の根本治療の考え
筋肉の硬直具合や筋力が正常に働いているかどうか、体の歪み度合いも含め総合的に判断する。

症状改善に向けた改善指導

一般的な医療機関や整形外科
筋トレ、散歩などの運動。

当院の根本治療の考え
本来の体が持つ機能が正常に回復するまでに体の状態を整える。自己治癒力が働きやすい状態を作り、その状態を維持する。

体のバランスや姿勢等の影響

一般的な医療機関や整形外科
診察されることもなければ、影響すら把握しようとしない。症状が出ている部位のみを診断する。

当院の根本治療の考え
痛みが出ている部位以外に根本原因があると判断し、体の使い方やバランス、日常生活の中の姿勢が大きく関係していると判断する。

このように、改めて一般的に行われている脊柱管狭窄症治療と、当院の根本改善に向けた施術のアプローチが、全く違うことに気づいて頂けるはずです。

10年の治療経験の中で、私が根本改善に向けた治療に向き合った中で行き着いた施術方針です。

当院に来ていただければ私が脊柱管狭窄症治療に絶対の自信を持っている理由はあなたにもご理解頂けることと思いますので、根本改善に向けた治療に共感いただけるようなら、当院の施術を体験してください。必ずあなたの脊柱管狭窄症の症状を解放します。

根本治療で皆さんを元気にしたいという思いを秘めて!

こんにちは。いなざわ整体院の稲澤寛樹です。私の自己紹介をさせてください。

もしあなたが脊柱管狭窄症の痛みを根本改善させずに、このまま時間だけが経過していったら、やがて杖歩行になり、最終的には寝たきりの状態になってしまうかもしれません。

私は理学療法士で訪問リハビリの仕事をやっていました。介護認定を受けた方のお宅にうかがい、リハビリをする仕事です。

一度介護状態になるとそこから抜け出すことは難しく、また家族にも大きな負担を強いてしまいます。

介護にかかる費用は初年度300万円といわれ、介護になった場合平均13年覚悟する必要があります。

訪問リハビリをやっているときは体中痛かったり、歩くのもままならなかったりして、穏やかに過ごせる日がほとんどないんじゃないかという人も沢山見てきました。

そのような場面に出くわすたびに、心は締め付けられ、介護状態になるのは本当に恐ろしいことだなと実感しました。

介護状態の人を抱えている家族で、穏やかに生活されている家族もなかにはいますが、何かを犠牲にしていたり、介護状態の人がいることで人生であきらめている部分があるのをすごく感じていました。

腰の状態を思ったように改善させることが出来ず、悪化させて、杖が必要になり、やがて寝たきりになるというのは本当によくある話です

このホームページを見ている人にはそんな思いを味わってほしくありません。

もしあなたが脊柱管狭窄症を根本改善し、健康で豊かな生活を取り戻したいのであれば、当院は全力でサポートいたします。

理学療法士の国家資格を持った体のことを知り尽くしたスペシャリストが施術を行うので安心です

よくある整体やカイロプラクティックやマッサージ店は何の資格もなく営業ができることを知っていますか?

近年、資格を持たない未熟な施術者が増えることで、施術事故も増えています。基本的に安さや手軽さを売りにしたそのようなサービスは、その時の一時的な気持ちよさだけを求めるには良いのかもしれません。ただし、あなたの脊柱管狭窄症の痛みを根本から改善できるかというと疑問が残ります。

安い料金には理由があります。辛い症状で悩んでいるあなたご自身の体を委ねるわけですから、本当に何が大切なのかを真剣に考えてみてください。根本的な症状改善と向き合いたい、本気で脊柱管狭窄症を改善したいと思うのなら、いなざわ整体院へお越しください。

いなざわ整体院では、国で認められた「理学療法士」という国家資格保有した院長が施術にあたります。体の施術のスペシャリストが施術を行ないますので、安心して施術を受けて頂けます。

いなざわ整体院では、一時的な慰安やリラクゼーション目的ではなく、根本的な症状改善を目的として通院される方ばかりですので

  • 元気だった時の体を取り戻す
  • 長年諦めていた辛い症状を本気で改善する
  • 健康維持の為のメンテナンスをする
  • より良い生活をする為に定期的に通う

といった、強い思いと目標を持った方、自分自身の体の健康の為に本気で向き合い、時間とお金をかける価値があると納得された方々が多く通われます。

当院をの施術を受けていただくにあたり条件があります。

どなたでも施術させて頂くわけではありません。

このような方には、当院の施術を 受けてもらえないかもしれません

このような方には向いていません

  • 私の指示を守れない方
  • ご自身の健康のためにお金を投資出来ない方
  • 一回でなんとかしてほしい方
  • 通うつもりのない方
  • とにかく長くマッサージして欲しい方
  • そもそも治すつもりのない方
  • 自分の生活を変えるつもりのない方

このような方は施術をお断りさせていただく場合があります。

このような方には向いております

  • 健康意識が高く本気で改善を目指している方
  • 日常でも生活習慣を改善し根本的な改善を目指せる方
  • 予約のお時間を守ることができる方
  • お体を良くするために時間とお金を投資できる方

なぜならあなたの腰を治すためには、あなた自身が本気で治したいという気持ちがすごく大事だからです。

あなたの体に対して、あなた自身が本気で向き合えなければ、どんなに良い治療を受けたとしても結果は伴わないでしょう。

そのため、上記のお約束を守っていただける方を徹底的にサポートさせて頂きたいと考えております。

本気で根本改善したい!と思う方がいれば、ご相談ください。一緒に頑張りましょう。

 

あなたを救える治療が当院にはあります。

脊柱管狭窄症が根本改善したら、このような生活があなたを待っています

爆弾を抱えていたような腰の辛さから快方されのびのびと生活できる

悪くなる前の体を取り戻し、今まで以上に楽しい生活が送れる

あらゆる動作が楽になり、活発的に動けるようにある

自分本来の笑顔が取り戻せた

家族にも仕事場の同僚にも優しく接することができる

毎日ぐっすり眠れるようになり、生きる力が戻ってきた

このような明るい未来を想像をしてうれしく思えるなら、当院はあなたが求めていた整体院です。

当院は本気で腰の痛みを改善して、楽しく有意義な人生を送りたいと心から望んでいる患者さんを全力でサポートする整体院です。

本気で今の状況を変えたいと思っている方に来院していただきたいと考えています。

ぜひあなたと会えることを楽しみにしています

インターネット限定
お試しキャンペーン中!

6月末日までの期間限定

施術1回 通常 8,000

初回限定

1,980

毎月、5名様限定のキャンペーンです。お急ぎください!(残り2名様)
まずは、お気軽にお問い合わせください。
お電話の場合は「ホームページを見ました」とお伝えください。

完全
予約制

ぜひお気軽にお電話ください!

お電話でご予約の際は「ホームページを見てキャンペーンの予約をしたいのですが」と、お伝えください。

03-6914-7761 03-6914-7761

営業時間 午前10:00〜13:00/午後15:00〜20:00(最終受付19:00)

いなざわ整体院

住所
〒 176‐0002
東京都練馬区桜台1‐7‐9
エクセル桜台1-B
アクセス
西武池袋線「桜台駅」から徒歩2分
代表者
稲澤 寛樹
電話番号
03-6914-7761 03-6914-7761

水曜日は13:00まで 木曜日は定休日 土日祝も20:00まで営業しています!

営業時間
10:00〜13:00

受付時間:12:00まで

15:00〜20:00

受付時間:19:00まで

LINE ID
@mri9971k
お友達登録はこちら
友だち追加

PAGETOP